サイト衣替えしました。調整中でご不便おかけします。

ビタミンD、サプリでとるか日光浴するか

cyprus-1171603 健康法
スポンサーリンク

ビタミンD不足が問題になってます。

骨粗しょう症になって骨折しやすくなるだけではありません。

骨はただからだを支えてるだけのものではなく、あらゆる重要な働きをしていることがわかってきたからです。

スポンサーリンク

紫外線の害を避けるべきか、ビタミンD欠乏を避けるべきか

ビタミンDはこれまで主に日光浴で紫外線を浴びることで得られてきたんですね。

ところが、その紫外線に害があることがわかってきて、今ではすっかり悪者です。

シミやそばかすができるといった美容的な害にとどまらず、肌や目の老化を早め、がんなどの病気のリスクを高めることが指摘されて、今ではできるだけ浴びないように避けるのが常識になってます。

ビタミンDは、紫外線を浴びずに食事だけで摂取するのは困難と言われてます。

ビタミンD欠乏により、骨がもろくなると、骨折だけでなく、ホルモンや免疫などあらゆるからだの調整機能に問題が生じるみたいなんですね。骨は、これまで知られてなかった重要な働きをしていて、全身をコントロールできるほどの影響力を持っていることがわかってきたというんです。

もはや紫外線を避けてビタミンD欠乏に目をつぶるわけにはいかない状況なんですね。

手のひら日光浴かサプリで補おう

紫外線を浴びるチャンスがある人は、手のひらが一番効率がいいらしい。

でも、骨折やビタミンD欠乏は気になるけど、紫外線の害もやっぱり避けたいですよね。

だからわたしは、割り切ってサプリメントで補うことにしました。

日照時間の短い国では常識みたいですよ。

わたしもときどき思いついたらサプリでとってます。

骨とか歯が心配になってくる更年期は、カルシウムより、むしろビタミンD欠乏に注意したい。

骨の健康サポートサプリ

コメント