スキンケアしない生活

curd-soap 健康法

わたし、顔もからだも髪の毛も湯洗いオンリーなんです。

乾燥とかゆみが気になり始めたのがきっかけで、仕方なく始めたような感じだったのですが、かれこれ5ヶ月ほどたちました。こだわりがあるわけではありません。ただ、湯洗いが思いのほか快適なんですよね。

スポンサーリンク

混乱するスキンケア

理想のスキンケア用品を求めて

ほとんど自宅で過ごすわたしは、毎日ほぼすっぴんです。でも、あたりまえのように毎日洗顔料で洗顔し、化粧水やら乳液やらをつけるスキンケアは欠かさず行うものだと思いこんでいて、疑うことがありませんでした。

毎日お肌につけるものですから、価格や品質は重大な関心事で、少しでもいいものをたえず探し求めていました。
コスメマニアでもなんでもない、どっちかと言えばずぼらなわたしのような者でさえ、かなり高い関心を持たざるを得ないのがスキンケアコスメでした。

思えばそんなふうに仕向けられていたのかもしれませんね。

スキンケアしなくても何てことないことにびっくり

なんだったの? あのスキンケア

どんなに評判のいいコスメを使っても、高価な美容成分が配合されているコスメを使ってみても、正直「コレだ!」というものはありませんでした。

しばらくはいいように思えたものでも、ずっと使い続ける価値が感じられるものはありませんでした。

それどころか、年々肌は乾燥し、敏感になっていくばかりでした。
はじめは年齢や体調、食べ物の影響だとばかり思っていましたが、ある日ふっと、毎日毎日欠かさずつけるスキンケアコスメのことを疑わしく思うようになりました。ちょうどお茶石鹸のアレルギートラブルや洗い過ぎなどの肌トラブルが話題になり出していたからです。

洗顔料をやめたらきれいになった

アトピーで苦しんでいた知人が医者に言われて洗顔料をやめたら、すっかりきれいになってしまったんです。

これにはびっくりしました。

やっぱりスキンケアのやり過ぎが肌を痛めてるのではないか。

疑いが確信に変わりました。

洗顔石鹸ジプシーをやめて水洗顔に

化粧はしても粉おしろいぐらいのわたしにとって、洗顔料をやめるのは簡単なことでした。

さらに洗顔後、つけていたオールインワンジェルもやめました。これはさすがに少し心細く思いました。はじめての日は、顔がひっぱられるように突っ張りました。でも、翌日には突っ張り感がなくなりました。しばらく突っ張る覚悟だったわたしは何だかあっけない気がしました。
お風呂からあがっても、何もしなくていいなんてラクでいい。

ただし、口の周りやほほの皮がむけているのが目立ちます。ジェルを塗れば目立たなくできるのですが、もう使う気にはなれません。皮が向けて肌があれていても、つっぱり感がないのがふしぎな感じ。
皮がむけたあと、きれいになったかと思うと、また皮がむけるというのを繰り返しています。肌を触ると、やわらかくて、かすかに産毛を感じます。皮がむけていても、さわり心地はいいです。

スキンケアをしていた頃のようなしっとりつるつる感はありませんが、さらっとしたやわらかい感触です。スキンケアしていたときにはなかった肌のやわらかさです。何度もほっぺたをさわっては喜んでます。
今思うと、あのしっとりつるつるは、人工的なポリマーの仕業で、肌がきれいになっていたわけじゃなかったのね。

ほんと、あのスキンケアは何だったんだと思います。

お化粧を楽しむことは大賛成!

誤解がないようにお伝えしたいのですが、わたしはスキンケアを否定するつもりはまったくないです。

洗浄料を使わない方法がわたしにはたまたまよかっただけで、きちんと洗ったほうがいい人もいると思いますし、自分に合ったコスメでお手入れするのは悪いことではないと思います。
ただ、やり過ぎには注意したほうがいいねってことです。

知らないうちに、合わないものを使い続けているというケースも少なくないみたいです。何か気になることがあるときは、スキンケアの方法を一度疑ってみてくださいね。

 

平野 卿子 河出書房新社 2013-03-22
売り上げランキング : 62847

by ヨメレバ

 

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
健康法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おかしの健康ブログ

コメント