湯シャンで洗剤がコワくなった

puppy-1022421 スキンケア
スポンサーリンク

湯シャン歴が長くなるにつれて、ほんとにあのシャンプーやコンディショナーはいったい何だったのかと思う。

まったく必要なかったどころか、それがきれいに取り除けない間、ベタベタする髪や臭いにずいぶん悩まされました。

あれが嫌で、ヘアケアアイテムがやめられなくなるんですよね。

でも、ほんとはなくてもまったく問題ない。むしろ調子がいい。

だから洗浄剤ってコワイなぁって思うようになりました。

スポンサーリンク

合成洗剤は得体が知れない

シャンプー剤が頭髪から完全に抜けるのに、大変な苦労をした経験から、掃除や洗濯に使う洗剤にも不信感を持つようになりました。

「ほんとに必要?」

べつにわたし、ナチュラリストでもエコ派でもないんですよ。

シャンプーをやめたのは、頭皮の湿疹や髪がゴワゴワして傷んできて、どうしようもなくなったからで。

『肌断食』の影響も大いに受けましたが、そんなに徹底できる性格ではないので、まぁよく脱シャンプーできたものだと思ってるぐらいです。

でも、どこかでやっぱり必要ない感じがしてたんでしょうね。だから元に戻る気がしなかった。

今うちにある合成洗剤は、

  • 家族が使うシャンプー
  • 食器洗い
  • おしゃれ着洗い

食器洗いとおしゃれ着洗いもそのうちなくなる予定。

洗濯や掃除はアルカリ剤とせっけんです。柔軟剤がなくてもじゅうぶんな仕上がりです。

環境的なことはよくわからないけど、とりあえず健康的にはこっちのが安心な気がしてます。

愛用の洗濯用品

コメント