認知機能を高めると評判の中鎖脂肪酸油(MCTオイル)とは? オメガ3の次のブームか?

food-3062139 食事

ココナッツオイルが糖質制限や認知機能を高めるのにいいらしいことは聞いたことがあったんですが。

ココナッツオイルが中鎖脂肪酸を多く含んでいるんですね。

スポンサーリンク

中鎖脂肪酸がミトコンドリアを強くする

ミトコンドリアはエネルギー生産に関わる細胞内の最小器官なんですが、糖質過多で糖分解によるエネルギー生産をしているうちは、思うように力が発揮できないようになってるのね。

そこで糖質を抑えると同時に、ミトコンドリアを元気づけるという中鎖脂肪酸をとろうというわけです。

ミトコンドリア系のエネルギー生産に欠かせないのがケトン体なんですが、中鎖脂肪酸がケトン体活性に関わっているんですね。その中でもココナッツ油はケトン体を増やすはたらきがあると言われていて、ココナッツオイル由来の中鎖脂肪酸油がとくに人気みたい。

ココナッツオイル由来のMCTオイル

コーヒーに入れるのが流行ってる? オメガ3のフラックスオイル以上に高価です。

糖質制限はケトン体濃度を上げるため

糖質を抑えるということは、糖分解によるエネルギー生産をミトコンドリア系エネルギー生産に切り替えることを意味します。このエネルギー生産のチェンジを行うには、インスリンが分泌されず、ケトン体が産生されることが必要なんですね。

だから糖質制限と同時にケトン食と言われるMCTオイルをとると効果的と言われてます。

とくに数値的に問題がない場合は、ふだんから糖質過多にならないよう心がけることが大切。

無理に極端な糖質制限をして体調崩しませんように。というか、そういうの、どうせ長続きしませんので。

ほどほどの自分に合った糖質制限で健康維持を

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
食事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おかしの健康ブログ

コメント