鼻炎改善に小青竜湯を試してみる

kanpou51 健康法

ハウスダストのアレルギーでほぼ慢性の鼻炎でした。

ここ最近なかったんですが、ひさしぶりに鼻水・くしゃみ・ときどき目のかゆみで困ってます。

今回はじめて小青竜湯という漢方薬を試してみます。

スポンサーリンク

市販の小青竜湯比較

病井で処方してもらうのが一番安いんですが、今回は市販品。

1回あたりの値段が一番安いビタトレールシリーズの小青竜湯にしました。

奈良県の御所薬舗というところが製造してます。ここのはどういうわけか破格に安い。

ほかのと比べるとこんな感じ。ケンコーコムの価格で比較しました。

ビタトレールは2倍服用してもほかより安い。

漢方薬は、各生薬の量が決められており、最大量使用して作られているものを満量処方と言います。

ほかに3/4処方、2/3処方、1/2処方というのがあるようです。

効果はエキス量が多いほどいいとは限らないようで、そこに含まれている有効成分の量とか質によるんですよね。

値段にかなり幅があるところを見ると、生薬の質に差があるのかもしれません。

ビタトレールは安いだけに効かない可能性もあるんですが、わたしはこれでなんだか効きそうな感じです。

それよりも顆粒だというのに、けっこうな添加物が入っているほうが気になります。飲みやすくしてるんでしょうか。この小青竜湯というのはかなり苦くて飲みにくいらしいので。でも、メントールとかほんといらない。

漢方薬は飲み方や飲む量など、かなり臨機応変にできるようですが、自己責任で。

基本的には、起床後すぐ、午後3時、寝る前の3回飲めば、だいたい食間になります。

気持ち悪くなるのは体質に合わないということなので、やめましょう。

病院で処方してもらっても、お医者さんが漢方薬に詳しいとは限りません。というか、詳しくない場合の方が多い。最低限の知識は自分で身につけておいたほうがよさそうです。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
健康法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おかしの健康ブログ

コメント