近眼+老眼はほんとめんどくさい

glasses-1246611 健康法

わたしは近眼+老眼です。

近眼は老眼にならないなんて思ってませんか?

老眼にならないとは思ってなかったけれど、正直大したことないと思ってたんです。

準備不足が悔やまれます。

スポンサーリンク

近眼に合わせて遠くが見える眼鏡にすると

いわゆる近眼用の眼鏡では、手元の文字がまったく見えなくなりました。

いちいち眼鏡をはずさないといけなくなって不便なんですよね。

パソコン作業は中近両用眼鏡

裸眼でパソコン作業ができなくもないのだけれど、モニターが見づらくて疲れる。

近眼用の眼鏡では手元が見えないし、モニターも見づらい。

そこで中近両用眼鏡が必要になりました。

ただ、この眼鏡だけでふだんの生活をしようとすると、やっぱり遠くが見えにくくて疲れます。

遠くも近くも見えない!

老眼になって初めてこの不自由さがわかりました。

近眼の眼鏡は、モニターが見づらく手元が見えない。つまり遠くしか見えない。

中近両用眼鏡は、遠くが見づらい。つまりほぼパソコン作業にしか使えない。

裸眼では、モニターが見づらく遠くも見えない。つまり手元しか見えない。

遠近両用眼鏡を持っていないわたしは、眼鏡をかけるなりはずすなりしないと、そのままでは近くと遠くの両方を見ることができない。これは日常生活をしていると想像以上に不便。目というのは、ふだんから近くを見たり遠くを見たり、頻繁にあちこち見ながら暮らしているものなんですね。

中でも一番不便に思うのは掃除のとき。ちりやほこりが見えにくいったらない。年をとると掃除が雑になるのは、見えにくくなるせいだったんだとわかりました。

パソコン作業以外のときは、もしかしたら遠近両用眼鏡さえあれば事足りるんでしょうか?

もしそうならこんどは遠近両用眼鏡を作りたい。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
健康法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おかしの健康ブログ

コメント