心房細動がコワ過ぎる

ekg-2753759 健康管理
スポンサーリンク

ガッテンの情報。心房細動が起こると、心臓の中でみるみる血が固まって、あっという間にものすごい大きな血の塊ができるんですよ。

これが重症な脳梗塞の原因なんだそう。

スポンサーリンク

心房細動は軽症な不整脈

心房細動というのは、心房の拍動が速く不規則になること。

そのときの心臓の動きは、まるでけいれんを起こしているみたい。

だけどこの心房細動、健康な人でも知らないうちに発生していることもあり、ほとんど自覚症状がなく、心房細動自体は命にかかわるものではないんですね。

それが厄介。

検査でもわからない場合も少なくないとか。

でも、大きな血栓がいつできてもおかしくない状態ということがわかってきて、さあたいへん。

リラックス時の脈拍に異常がないか?

心房細動が起こっていないかをチェックするには、病院の検査より、まずはおうちで脈拍をはかるほうが確かなようです。

心房細胞は、仕事や運動時といった比較的緊張状態にあるときより睡眠時や休日などリラックスしているときのほうが起きやすいことがわかっているので、起床時や寝る前などに脈拍が安定しているかをチェックするといいみたいです。

心臓病・高血圧・75歳以上の高齢者、糖尿病、脳梗塞発症者は心房細動のリスクが高いほか、アルコールやカフェインの過剰摂取、睡眠不足やストレスなどで心房細動を起こす場合もあるようです。

心房細動と診断されたら

  • 薬物療法
  • 電気療法
  • カテーテル療法
  • 手術

症状によって何らかの治療をするようです。

血栓ができないように抗凝固薬を服用するのが一般的なようですが、まだ頻度が少ない場合は、生活習慣を見直して心房細動が起こらないようにしたいところです。

毎日休まず規則正しく動いてくれている心臓のありがたみをかみしめ、大事にしないといけないと思ったことでした。

コメント