湯シャンしてるだけなのに、ときどき頭皮湿疹になる理由はダイオフか?

ご覧いただき、ありがとうございました。

food-1209503

湯シャン派になってから数年、もう髪がきしむこともべたつくこともなく、ニオイも気にならなくなりました。いい感じなんです。

なのに、ときどき頭皮に湿疹が出て、それからフケが多くなるフケ期があるんです。

スポンサーリンク

ダイオフとは?

ダイオフというのは、ヘルクスハイマー反応ともいい、病気の治療で死滅した病原菌などが引き起こす二次的症状のこと。冷えとりのめんげんと近いかもしれません。好転反応ですね。

湯シャンするようになって、頭皮の常在菌が復活してきているのかもしれません。でも、きっとバランスが悪いんでしょう。口内には歯周病菌もいますし、腸内環境もいいとは言えなさそうです。

頭皮の問題も、真菌のせいだとしたら、行き着くところは腸ではないかと思うんです。

頭皮のフケとかかゆみは、おもにマラセチア菌なんだそうですが、これは真菌の一種でカビなんですね。水虫なんかと同じでなかなか完治しません。病院でもらったお薬で完全に封じ込められればいいのですが、中途半端な投薬治療は耐性菌を作るだけで、ますます治らなくなるようです。

とくに不衛生にした覚えもないのに、更年期ごろになると、きっとからだの免疫力が衰えてくるんでしょうね。歯周病や水虫、マラセチア菌による症状を発症してしまうことがあるようです。糖尿病などの生活習慣病の人はなおさらそのリスクが増すようです。

こうした不快な症状を本気で治すには、やっぱり体質改善するしかないんですね。

体質改善の本丸は腸内環境の改善

さまざまな不快な症状や病気を改善するには、腸内環境の改善が避けて通れません。

わたしの現在の取り組みは、

  1. りんごとにんじんの万能健康ジュース
  2. ラブレクラウト
  3. ビタミンC
  4. 塩化マグネシウム水溶液
  5. 豆乳ヨーグルト

ラブレクラウトはラブレ菌で発酵させた生キャベツの漬物です。万能健康ジュースとラブレクラウトのほかに、わたしの場合は便秘や片頭痛改善のために、ビタミンCと塩化マグネシウム水溶液を追加してとるようにしています。

豆乳ヨーグルトは、玄米やラブレ菌を種に手づくりします。ただし、冬はお休みしてました。

こうした取り組みのおかげで便秘はどうにかなくなりました。

ダイオフ対策はプロバイオティクスの強化

プロバイオティクスとは、腸にとって健康的で「フレンドリー」な細菌(善玉菌)のことです。

それらは悪玉菌やイースト菌の増殖を抑え、宿主に病気を寄せ付けないよう守ってくれているのです。

リーキーガット症候群:あなたのその不調の原因は腸の”漏れ”にあった!』より

偏ってしまった腸内環境を整えるために、また体質改善のために有効なのがラブレクラウトと万能健康ジュースです。

オリゴ糖

オリゴ糖は善玉菌のエサなので積極的にとりたいものです。いろんな食品に含まれていますが、わたしはオリゴ糖粉末をサプリメントとしてとるようにしています。

同時に砂糖を控えることも大事なんです。砂糖は真菌であるガンジタ菌の大好物だからです。

ガンジタ菌が優勢になると、砂糖が欲しくてたまらないようになると言います。甘いものがやめられない人は、ガンジタ菌が増殖しているおそれがあるんです。そのことを知ってから、わたしもやっと本気で砂糖が控えられるようになってきました。でも、頭皮湿疹や歯周病が出るところを見ると、ガンジタ菌がかなり優勢になってそうなので、まだまだ食べ物には気をつけないといけない状況です。

ところで、純粋なオリゴ糖粉末は、毎日とるには高価で甘さも微妙です。砂糖のような甘味料としては期待しないほうがいいです。あくまでもサプリメントとして摂取してます。

ステビア液

甘味がほしいときに重宝しているのがステビアです。数滴たらすだけでじゅうぶんな甘さがあります。入れ過ぎると苦くなったり、合わないものもあったりして少々クセがあります。でも、砂糖に負けない甘味があるにも関わらず、からだに吸収されなくて血糖値を上げないというメリットが大きいです。わたしは豆乳ヨーグルトや黒豆を煮るときに使います。

プロバイオティクスサプリ

プロバイオティクスをサプリメントでとる方法もあります。

プロバイオティクスのサプリメントを選ぶポイントは、

  1. 菌数が多いもの
  2. 菌の種類が多いもの
  3. 目的の場所まで運んでくれるカプセル入りのもの
  4. 有効性の保証があるもの

小腸ではたらく乳酸菌や大腸ではたらくビフィズス菌にもたくさんの種類があり、はたらきも異なります。数ヶ月ごとに変えるといいようです。

腸内環境は人それぞれみな違うそうですから、効果のあるプロバイオティクスのサプリを見つけるのはなかなか難しそうです。毎日続けるには経済的な負担も大きいです。

効いているのかはっきりしないサプリメントをとるぐらいなら、わたしは万能健康ジュースやラブレクラウトをしっかり続けたいと思ってます。

万能健康ジュースにはオリゴ糖を入れますし、ラブレクラウトにはラブレ菌が入ってます。万能健康ジュースでオリゴ糖をとり、キャベツの繊維とともに確実に腸までラブレ菌を届けるほうが確実なような気がしてます。

ラブレ菌は、京都の伝統的なかぶのお漬物「すぐき」から発見された植物性乳酸菌です。キャベツを乳酸発酵したラブレクラウトは、キャベツの乳酸菌とラブレ菌がキャベツの食物繊維とかたまりになって生きたまま腸に届く可能性が高いのがとくちょうなんです。

ラブレクラウトはキャベツを切って漬ける手間もあり、ついサボリがちだったんですが、高価なサプリメントに負けないぐらいよく考えられたレシピであることを今回あらためて思い知ったので、サボらないで、毎日こつこつとるようにしたいと思います。

体質改善にはまだ遠い道のりです。

ラブレクラウトと万能健康ジュースのレシピ掲載

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク