ビタミンCで偏頭痛は治せるか!?

ご覧いただき、ありがとうございました。

health-621356_640

ビタミンCはなんだかスゴイらしい。そんな情報を得て『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』を読んでみた。

スポンサーリンク

ビタミンCの副作用

ビタミンCは大量にとってもからだに負担がないそうです。ただ大量摂取した場合、便がゆるくなって下痢が発生しやすくなります。

ビタミンCが酸としてはたらくことや、そのため発生するガスによって腸の蠕動運動が盛んになることがあげられるでしょう。しかし、これは病気の状態ではないので心配はいらないのです。次回は、その半分の量に減らせばいいのです。

ビタミンCで便がゆるくなることは、考えようによっては便秘対策にも使えるってことだと思います。実際わたしもビタミンCをたくさんとって、軽い下痢状態になりましたが、腹痛もありませんでしたし、すぐ収まりました。

下痢になるビタミンC摂取量のことを腸管耐容量といいます。この腸管耐容量には相当な個人差があるそうです。また、病気になると、健康なときの数十倍から100倍に増えるそうなんです。つまり、病気になると、ビタミンCを大量摂取してもなかなか下痢にならないということが起こるそうです。その日の体調によって、とれるビタミンCも違ってくるんですね。

ビタミンCで偏頭痛をなくしたい

ビタミンCは、コレステロールの活性酸素による酸化(つまり、酸化コレステロールの生成)を防ぐから、血管病を防ぐ効果があると理解できます。

偏頭痛は脳血管の拡張や炎症が原因の一つと言われてます。わたしは長年この偏頭痛に悩まされてきたので、脳血管はかなり疲弊して痛んでいると思うんですよね。長年服用している偏頭痛薬はきつい成分のものが多いのも気になっています。現に偏頭痛持ちの人は、脳梗塞になるリスクが高いんですよね。また脳梗塞になると認知症になるリスクも高まります。

偏頭痛に関してはあきらめていたんですが、ビタミンCで少しでも改善する可能性があるならチャレンジしたいと思うんです。ダメもとです。

ビタミンCは安い

著者は

合成されたビタミンC(L-アスコルビン酸)は、天然型ビタミンCとまったく同じものです。両者は同一の分子なのですから、化学的・物理的・生物学的に少しも違わないのです。天然型ビタミンCが合成ビタミンCにまさる点は一つもないのです。

と述べてますが、厳密にいえば合成ビタミンCは、製造の段階で不純物が混入するおそれがないこともないんですよね。信頼できるメーカーを選びましょう。

一方、食物由来の天然ビタミンCは、不純物が混入する心配はないのですが、容量や濃度が不安定なのでよりたくさんとらないと大量摂取の効果が得られない可能性があります。

その点合成ビタミンCは安定した品質の大量生産が可能。かつ原料のブドウ糖が安価なため、安く入手しやすい。というわけで、大量摂取するなら良質の合成ビタミンCが重宝されているようです。

偏頭痛はともかく、ビタミンC大量摂取で、この冬は風邪をひかないシーズンにしたい。

iHerbなら品揃え豊富でお買い得

このブログからショップに入ると初回購入割引がもらえます!