寒い冬はやっぱりビタミンC!

ご覧いただき、ありがとうございました。

juice-2902892

更年期サプリにビタミンB群、いろいろ気になるけれど、コストも気になる。

迷ったときも、とりあえず続けてるのがビタミンCです。

これからの季節には欠かせません。

スポンサーリンク

ビタミンCの風邪予防力はほんと

体内でビタミンCを作ることができる動物はけっこういるらしいのですが、残念ながら人間はそれができない。

動物たちは、病気やけがをすると、ビタミンCの生成量を急増させることがわかってます。消費量が増えるからですね。

ビタミンCを体内で作れない人間は、弱ったときはなおさら積極的にとりたいのがビタミンCなんです。

風邪をひきやすいとか、粘膜が弱い、疲れやすいという方、一度お試しを。

ビタミンCの最適量を知ろう

ビタミンCは体内にため込んでおくことができません。

大量にとっても、排泄されるだけなんですね。

だけど排泄する際にも役立ってくれてるそうなので、まったく無駄ってことはないらしいのですが、できれば限界量とりたいところです。

ビタミンCの限界量を知るには、2~3時間ごとに1~2gのビタミンCをとり続けるって方法があります。下痢症状になるまでの量をはかるんですね。

ビタミンCを過剰摂取すると、お腹が緩くなります。緩くなるだけならいいですが、中には腹痛をともなう人もいるようなので、くれぐれも無理しませんように。

ビタミンCの必要量にはかなり個人差があるので、自分の適量がわかっていると便利です。

でも、体調によってもかなりばらつきがある印象です。わたしの場合、元気なときは少なめでも快便ですが、不調なときは、多めにとらないと便秘気味になるのでよくわかります。

いつも快便になるようビタミンCの量を加減してます。

わたしはカプセルで飲むより粉で一気に飲みます。そのほうがめんどうがない。慣れると酸っぱいのも気になりません。このほうが量の調整もしやすいですし、何より一番低コスト。

1回にだいたい1~2gとります。

酸っぱいのがダメな人は、カプセルタイプのサプリメントがおすすめ。タブレットより添加物が少なめです。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク