iHerbのビタミンCサプリを飲まなくなった理由

ご覧いただき、ありがとうございました。

eating-1819662

ビタミンC大量摂取健康法を信じて実践してます。

ビタミンCは、アスコルビン酸粉末をそのまま飲んでます。

スポンサーリンク

アスコルビン酸の粉末が結局一番かんたんにビタミンCがたくさんとれて安い!

ビタミンCはものすごく酸っぱい。

ジュースなどの飲み物に混ぜて飲むのが一般的なんですが、そうすると、水分でお腹いっぱいになって、肝心のビタミンCをまめにとることができなくなります。

だからわたしは粉薬を飲むみたいに、そのままアスコルビン酸を飲んでます。

サプリメントだと、1gとるのにかなり大きなカプセルや粒になるんですよね。わたしはこれのほうが負担になってきたのでやめました。

粉末は、口の中に広がらないように飲むと、ほとんど酸っぱさを感じないですみます。これだと一回で2gとるのもかんたんです。ちょっとお茶を飲むついでに、まめにとることができて便利なんです。

でも、アスコルビン酸は人によっては胃にこたえるらしいです。

理論上は、胃酸よりもずっと弱酸性なので、アスコルビン酸を飲んだところで胃を弱らせることはないはずなんですが、胃が弱っている人なんかは、実際ビタミンCの必要量をとりたくてもとれないという場合も少なくないようです。

そういう場合は、食事中や食後にとるといったくふうをするか、サプリメントでとるのが無難です。

サプリメントには高濃度のものや、タイムリリースといった独自の性能を持つものもありますので、生活に合わせて利用してみるといいかもしれません。

ただし、高性能サプリメントは当然ですが高価です……。

なんと非酸性ビタミンC!

吸収力が高いとか。人気のサプリメントです。もちろんバイオフラボノイド配合。

ビタミンCはバイオフラボノイドと一緒にとったほうがいいらしい。

ビタミンCはバイオフラボノイドと一緒にとったほうがいいみたいなんです。ビタミンBが単体ではなく複合体でとったほうがいいのと同じような理屈だと思われます。

確かにサプリメントのビタミンCはフラボノイドとセットになっているものがほとんどです。

なんですが、わたしの実感としてはアスコルビン酸粉末だけでも何の問題もない。

むしろサプリメントより粉末のほうが効果を感じるほどなんですよね……。これはわたしだけでなく、オットも同じことを言ってます。

ただの勘違いかもしれませんが。

この本の影響かも。

これにはバイオフラボノイドのことは出てきませんし、ビタミンCに天然と人工の差はない、とあります。

まあ、専門的なことはわからないので、危険がない限り、自分の実感を信じるのがいいんじゃないでしょうか……。専門家はいろんなこと言いますから。

健康法なんて、それぐらいいい加減にしておいたほうがいいと思います。

ビタミンB群のサプリをちまちまとったりしてるのですが、もしかしたら片頭痛に効くというB2とか、皮膚に効くビオチンを単体で大量摂取したほうが効くかも、って今思いました。

今度試してみよう……。

ビタミンCの使用をサポートするバイオフラボノイド