寒い季節こそ代謝を上げるチャンス!

ご覧いただき、ありがとうございました。

genmai001

まだ10月だというのに、朝夕冷えます。やっと暑いのが終わったと思ったら、もう寒さの心配をしないといけない時期になったんですね。

冷え性のわたしは、やっぱり冬のほうがつらい。

寒い季節、からだは体温を上げようと必死に働きます。だから暑いときよりダイエットしやすいって知ってました?

スポンサーリンク

冷えとり生活ふたたび。

年中冷えとりには取り組んでいるんですけどね。夏の湯たんぽや下半身の重ね着を徹底するなど、教科書どおりにはできていないんですね。

でも、忘れたわけでもないし、冷えとりをあきらめたわけでもありません。続けることを優先し、自分なりに加減したんですね。

冷えとり健康法の教科書

夏は冷えが隠れてる。

涼しくなっていくにつれて、靴下の枚数は確実に増えてきてます。レギンスをぬいだのは、盛夏のほんのひとときだけでした。それも、汗で肌がかゆくなるからしかたなく、だったんですよね……。

暑苦しくてはいていられなかったわけではないんですよ。それどころか夏も下半身をあっためるのって、気持ちいいことがわかりました。わたしは冷房環境にはいないんですけどね。やっぱりじわじわ冷えてるみたい。

シルクふぁみりぃ

わたしの冷えとり靴下は「シルクふぁみりぃ」のもの。いくつか試してみた結果です。高価過ぎないところもいい。

時短入浴法

どんな暑い日も、40度のお湯に、肩まで10分つかるようにしてました。

これは、ぬるま湯に30分以上の足湯をするのと同じぐらいの効果があると言われている入浴法です。時間がない人におすすめです。これはとても気持ちよかったです。湯上りがすうっと涼しくなるんですね。

冬は冬で、よくあったまるらしいですよ。わたしはもう少し湯温を上げるつもり。42度までならいいみたい。つかる時間も10分から20分の間で調整します。口で計る体温が38度ぐらいになって、汗が出てきたら上がりどき。まさかお風呂に体温計まで持ち込んだりしませんが、だいたいそんな感じでやってるつもりです。

10分って、何もしないでいると、けっこう長いですよ。

体温を上げてからだを強くする入浴法

代謝を上げるのは運動だけじゃない!

冬は、からだが体温を維持しようと活発になるんですね。そのはたらきをできるだけ妨げないようにして、助けたいですよね。

代謝を上げるというと、運動をして筋肉をつけないと、と思いがちですが、それだけではありません。冷えとりの重ね着や湯たんぽ、10分入浴もまた、からだのはたらきをサポートするものなんですね。

そしてもう一つ、食事も大事。

少し早いですが、年末年始は何かとごちそうを食べる機会が増えます。寒いので、あたたかい食べ物が恋しくなりますよね。そうなると自然と加熱食品にかたよって、生食でしかとれない酵素や栄養分が不足しがちになるんです。また、砂糖たっぷりのおいしいお菓子は、からだを冷やしてしまうんですよね。

いろいろありますが、そんなこんなを少しだけ意識しながら、元気で楽しい生活を送りたい。

おいしい寝かせ玄米生活始めませんか?

つい食べ過ぎるおいしいごちそう、かつては、とっておきのハレの日だけにしか楽しめないものだったんですね。ところが今は、幸か不幸か食べたいものを食べたいだけ食べられる「毎日がごちそう」になってしまいました。

もう一度、メリハリ生活のよさをとり戻すときなのかもしれませんね。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク