サプリメントは国産よりアメリカ産がいいってほんと?

ご覧いただき、ありがとうございました。

medication

サプリメント(栄養補助食品)の重要性が高まってきています。環境汚染などで、作物自身の栄養価が失われ、毒性を疑われるものまであらわれる始末。

そんな中、サプリメントの先進国であるアメリカのサプリメントは、日本とはずいぶん違うと言います。

何がどう違うのでしょうか? 日本のサプリメントより優れているというのはほんとなんでしょうか?

スポンサーリンク

自己責任の国アメリカは、予防が命!

アメリカには健康保険がありません。だから、ちょっと風邪をひいたぐらいでは病院には行きません。妊婦さんも、出産したら、その日のうちに退院します。とにかく医療にたいへんなお金がかかるんですね。

日ごろの体調管理は、すべて自己管理責任なのです。体調不良になると、自己管理能力が問われてしまいます。それで、アメリカでは、日本よりずっと栄養学とか予防医学が発達しているんですね。

日本でいうサプリメントは、効果があるのかないのかわからない程度のオマケ的なものという印象ですが、アメリカはかなり違っています。

もっと積極的に健康を維持するために、効率よく栄養を摂取するといった明確な医療目的が感じられます。日本だと、薬事法違反に問われそうな効果をはっきりとうたっているものも多いようです。

アメリカの良質サプリは、含有量が桁違い

アメリカでは、医療現場でもサプリメントが予防のために積極的に用いられるそうです。

医師がすすめるサプリメントですから、気休め程度の効果では話になりません。アメリカで高く評価されているサプリメントは、日本のサプリメントとは桁違いの成分が含まれているのがふつうです。

たいていの病気は、食事の改善で快方に向かいます。食生活の見直しと適切で良質なサプリメントの処方は、薬物治療よりもはるかに効果があるとしても、ふしぎではありませんよね。

アメリカの良質サプリは、吸収力を高める技術を持っている

日本のサプリメントでも、「キャベツ20個分」とか「レモン10個分のビタミン」といった説明をして、いかに栄養豊富であるかということを説明していますよね。

でも、サプリメントに、栄養分の含有量がそこそこあったとしても、ほんとの問題は、からだにどれだけちゃんとその栄養分が吸収されるかってことなんです。

じつは、いくら栄養豊富なサプリメントをたくさん飲んでも、タイミングが合わないと、そのほとんどは吸収されないで排出されてしまうんです。たとえば、「乳酸菌が胃酸で全滅してしまった」、みたいなことがあちこちで起こってしまうんですね。

良質なサプリメントは、からだのどこでどんなふうに通過すれば、サプリメントの栄養分がうまくからだに取り込まれるか、ということをすべて計算して作られているんです。これってすごい技術ですよね。

日本のサプリメントは、何がどれぐらい配合されているか、という表示もあいまいなら、どれぐらい栄養分がからだに吸収されるか、といった吸収力にいたっては、明記されているものはないに等しいです。

なぜなら、日本には、サプリメントは、所詮お飾りで、期待してはいけない的な感覚が医療とか栄養の専門家の間にあるからだと思います。だから、日本の専門家ほど「サプリはアメリカの一流ブランドのものがいい」とすすめています。

日本のサプリメントもがんばってほしい!

高齢化日本も予防に力を入れるべき!

日本もこれからは超高齢化でお金がなくなる一方です。病気になって、薬や治療にお金がかかるようになるのを見ているだけでなく、死ぬまで元気な高齢者を増やすことに、もっと投資したほうが得策だと思います。

そのためには、アメリカに負けない良質な日本人向きのサプリメントが育つような世の中になってほしいです。

日本人向きの飲みやすい小粒の良質サプリメントがほしい!

無添加サプリは、飲み込むのがたいへんなぐらい大粒になるのが欠点なんですよね。みなさん、飲むのに苦労してます。割ると、からだの中で、計算どおりうまく消化されなくなるので、効果が下がるらしいので、それも避けたい。

大きくて飲みにくい点について、アメリカのメーカーは、「それは仕方ない」というばかりで、改善するつもりはなさそうなんですよね……。

でも、日本人なら、その難所を乗り越えて小さくする技術を見つけてくれる気質のある職人さんがいそうな気がするんですよね。これまでもそうして日本はがんばってきたと思うんです。

がんばれ、日本!

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク