米国産サプリメントを選びたくなる理由

ご覧いただき、ありがとうございました。

tablets-623706

ふだんの食事でバランスよく栄養をとるのは、ふつうの生活ではなかなかむずかしいのが現実です。食習慣を何とかしたいと思ったとき、サプリメントは心強い味方になってくれます。

なかでも米国産のサプリメントの充実振りには目を見張ります。サプリメント王国と言われているだけのことはあるんですよね。

スポンサーリンク

アメリカは医療保険がないおかげで予防に熱心になった

アメリカは日本のような医療保険がない。だからふつうの人は、うかつに医者にかかれないと聞いたことがある。出産も2、3日で退院。風邪をひいたぐらいでは病院に行かない。

わたしはそんな話を聞くたびに気の毒に思っていた。でも今は違う。うらやましいと思うことさえある。

なぜなら、アメリカは医者も患者も予防に熱心だからです。簡単に病院に行けない環境のおかげで、みんな病院に行かなくてもいいように気をつけるようになったんですね。それがサプリメントの充実にもつながっていると言われてます。

米国は医療現場でサプリメントを治療に使っている

アメリカでは、医療現場でサプリメントを治療に使います。ですからサプリメントは気休め程度のものではなく、実際に健康効果がないと認められません。だから含有量が日本よりはるかに多いんですね。

このようにサプリメントに対する意識が高いので、サプリメントの原料や製造過程に向ける社会の目は自ずと厳しくなります。その結果、質のいい無添加のサプリメントが数多く生産されるようになったんです。

粒が大きいのは添加物がない証拠

アメリカのサプリメントは粒が大きく、飲むのがたいへんです。アメリカ人は大柄だから気にならないのかと思ってました。食べ物は何でもビッグですから……。

でもそれは違いました。

サプリメントの粒が大きいのは、飲みやすくする加工をあえてしてないからです。粒を小さく固めたり、口当たりをなめらかにするには、どうしてもよけいな添加物を使う必要があるんです。

補助食品として大事な栄養分をなるだけ自然に近いかたちで壊さないことを優先した結果、あの大粒になったんですね。

飲みやすさと栄養分、あなたはどっちをとりますか? むずかしいですね……。わたしも悩みます。

これからは日本も予防に目を向けるべき

日本は長寿大国です。でも、健康寿命は伸び悩んでいます。若いうちは健康に対する関心が薄く、「病気になったら病院に行く」という姿勢が健康管理に対する無知を助長しているように思います。

年をとると病気になるのがあたりまえみたいになってませんか。医療保険はもう限界で破綻する、という話もずいぶん前から聞こえてきます。

制度の不満はさておき、まだなんとか元気なうちから健康維持に努めないといけないとつくづく思います。長い人生の後半のほとんどが不健康であっていいはずがありません。日本もアメリカのように予防に熱心にならないといけない時期が来ているんですね。

そのうち国産の優れたサプリメントができることを期待して。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク

『米国産サプリメントを選びたくなる理由』へのコメント

  1. 名前:村上剛一 投稿日:2015/08/03(月) 10:32:58 ID:08395c8f1 返信

    賛同です。
    病予防より健康維持ですね。強く賛同です。
    そして我が家もサプリメントは米国発祥のものです。
    今は国内で入手できるので有り難く活用しています。

    • 名前:おかし 投稿日:2015/08/03(月) 22:17:55 ID:bb99a1142 返信

      コメントありがとうございます。
      やっぱりサプリメントは米国ですか……。
      国産もがんばってほしいですが、高くて手が出ないかも。