米国産日本人用良質サプリメント、ニューサイエンス「マルチミネラルビタミン」

ご覧いただき、ありがとうございました。

pills

栄養学先進国のアメリカには、健康効果が明確な良質サプリメントがあるそうです。

でも、それってアメリカ産作物で作られたアメリカ人向きのサプリメントですよね。

日本人にも効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

良質なサプリメントの条件とは

そもそも良質なサプリメントとはどういうものをいうのでしょう? 杏林予防医学研究所所長で日本ミネラルファスティング協会の主宰者でもある山田豊文氏の著書によると、

「良いサプリメント」とは、「無農薬有機栽培など原材料にこだわったもの」「ポテンシャルが高い(含有量が多い)もの」「吸収面などを考慮したもの」の三つをすべて満たしたものです。

と、あります。

日本では、サプリメントの健康効果をあからさまにうたうことは、薬事法で禁じられています。サプリメントは、薬ではなく、食品だからですね。

それをいいことに、日本では、サプリは飲んでも飲まなくても同じようなもので、「気休め的なものでじゅうぶん」として、作られているのではないでしょうか。

お手軽な値段で気軽に買えるサプリメントが巷にあふれています。それ自体は悪いことではないのですが。

サプリメントの位置づけが違う

アメリカでは、日本と事情がまったく違います。

サプリメントは薬ではなく、補助食品であることについてはアメリカも同じ。巷であふれるほどのサプリメントが気軽に売られている点では、アメリカのほうが日本以上かもしれません。

でも、サプリメントに対する価値観がまったく違います。アメリカではサプリメントの価値は、薬と同等以上に重要視されているのです。

現に医療現場でサプリメントは、予防や治療効果が期待されて、医師が積極的に利用するものになっているそうです。

健康なからだづくりには、食生活はたいへん大事であることは、日本でも言われています。でも、食生活の指導と医療とが、日本ではそれほどうまく連携しているようには思われません。

日本の医療は、どちらかと言えば、健康を損なった不具合を、薬で治療することに熱心で、食事指導や予防は、どこかおまけ的でなおざりな感じですよね。

残念ながら、こうした日本の今の環境からは、なかなか良いサプリメントは生まれにくいのが現状のようです。

日本人用に開発した良質サプリメントがあった!

杏林予防医学研究所が開発検定したサプリメントがありました。山田豊文氏が述べている良いサプリメントの条件を満たし、さらに日本人の特製を考慮した配合になっています。

大粒の錠剤ではなくて、カプセルに入った粉末なのも飲みやすそうです。ただ、ニオイがきついという口コミが相当数ありました。オーガニックだからでしょうか。

さらに、メイドインジャパンじゃない、という点も気になります。

原材料はすばらしく厳選されたものなんですが、ほとんどがアメリカ産で、日本産の原材料は皆無。

有機栽培の条件や加工製造の一括管理の関係で、日本ではかなわないということなんだと思います。残念です。

でも、今のところ、このニューサイエンスのマルチミネラルビタミンが、食生活改善のヘルパーとして、もっとも信頼できるサプリメントの一つと言えそうです。

1日3個飲むとして、60日間分180カプセル入りが7,250円と、けっして安くはないですが、品質を考えると、高価過ぎるとは言えません。試してまたレビューしたいと思います。

日本製の上質サプリメントが実現しますように!

長寿国として、今後日本は、病気の予防や食生活に、ますます目を向けて取り組んでいかなければいけなくなるのは、目に見えています。

これからは、日本も、医療とか福祉、農業、製造業といった分野の垣根を越えて、ともに健康生活をめざしていけるようになるといいなあと思います。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク