砂糖がやめられない!

ご覧いただき、ありがとうございました。

cupcake-104654

市販のお菓子はなるだけ食べないように制限していたのですが、「少しだけ」と思って食べてしまったら、思ったとおりやめられなくなってしまいました。

すごい習慣性です。

どういうわけか、お菓子を食べると、コーヒーがほしくなる。

コーヒーも飲み過ぎないよう注意していたのに。

 

スポンサーリンク

砂糖vs健康

お菓子を我慢するのは「自滅する選択」か?

砂糖をとらなくても、いろんなものに糖分は含まれているんですよね。大好きな炭水化物はその代表です。

お菓子の砂糖は、楽しみ以外のメリットってないんですよね。その楽しみもほんの一時的短期的な楽しみで、死ぬまで元気でいたいという長期的な願いとは矛盾する。

「あした死ぬかもしれない。」そう思ったら、お菓子を我慢するのが馬鹿らしくなる。でも、実際は死なないかもしれない。病気になって、つらい思いをしながら死ぬまで過ごさなければならないかもしれない。そうなったら、もう少し健康に気をつけていればよかったと思うに違いありません。

これまでも、

  • もっと地道に貯金していればよかった。
  • もっとしっかり勉強していればよかった。

などと後悔していることが数々あります。

たいていのことは、ちょっとしたことを、ただ地道にコツコツしていればよかったことだったように思う。

それなのに、どうなるかわからない遠い未来の利益より、つい今すぐ得られる利益のほうを選んでしまう。こういう選択を「自滅する選択」と言って、その行動心理を説明している人がいます。

だからと言って、先のことばかり心配して、今を我慢する生き方も、行き過ぎるとよくないそうで、むずかしいところなんですが。

でも、少し気をつけていれば、大きな災難は避けられたかもしれなかった、と後悔するのは嫌だなあと思うんです。

平均寿命と健康寿命

これから年をとって、衰えてくることは避けられません。長生きしたいわけじゃないんです。死ぬまで自分の身の回りのことぐらいは自分でできる程度に元気でいたいんです。

でも、それって現状難しそうでしょ? ただ老いるだけでなく、糖尿病や認知症に苦しんでいる人の多いこと。寿命は世界一かもしれないけど、健康寿命ってたいしたことないんじゃないの? って気がしてます。

調べてみたら、平成22年のデータで、

男性の平気寿命79.55歳に対して健康寿命は70.42歳。女性は平均寿命86.30歳に対して健康寿命は73.62歳。いずれも10年以上死ぬまで不健康だという結果です。

メリハリ生活は、今も楽しくしてくれる!

ところで、わたしが子育てしていた頃は、お母さんの口から子どもに虫歯菌が感染するってこと、知られてなかったんですね。だから子どもの虫歯って避けられないものみたいに多かった。でも、今の子って、虫歯少ないんですってね。

そんなふうに、これからもわからなかったことがだんだんわかるようになってきて、リスクを避ける方法がどんどん見つかってくると思います。

「今さら老後のことなんて知らないわ。」ってお菓子を食べたいだけ食べて、毎日楽しく過ごすのも人生です。

でも、お正月や誕生日、クリスマスにお祭りが楽しいのは、それがとっておきのスペシャルな日だからです。その日だからできること、その日にしかできないことがあるからワクワクするんですよね。

日常は勤勉でおとなしく、地味で堅実なものなんだと思いたい。

毎日がおもしろくないのは、そんなメリハリがないからかもしれませんよ。

 

メリハリ玄米生活がよくわかる!

日本人に合った健康な食生活の仕方がよくわかります。

だから、わたしは、ここ数日のお菓子の食べ過ぎを反省し、近々プチ断食に入ることといたします。ちょっとずつ減らすなんてことはできそうにないので……。砂糖おそるべし。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク