片頭痛の原因になるストレートネック、無理にいっきに正そうとすると危険

ご覧いただき、ありがとうございました。

giraffe-614141

ここ最近の右うなじあたりから始まる頭痛はさすがに改善してきたのだけれど、首や背中の痛みは完全にとれない。

となると気になるのが先日MRIでたまたま発見された軽度の頸椎ヘルニアです。

スポンサーリンク

ストレートネックが原因か

もともと顔が前に出ているストレートネック持ち。

パソコン作業で前かがみになるのが最大の原因です。

若い頃は、合間に軽いストレッチなどすればコリがほぐせたのですが、だんだんそう簡単にからだをもとに戻せなくなってきたことを実感してます。

ここ最近毎日ストレッチをするようになってからは、どうも思いがけないところに力が入ってしまったみたいで、なんかますます複雑な事態になってます。

これまで何とかストレートネックの負担をそれなりに吸収して過ごせていたのに、加齢や疲労でだんだんそれができなくなってきたんでしょうね。それであわてて慣れないストレッチに励んだのがいけなかった。

うつむき気味の姿勢がラク

前に出ている顔を正しい位置にしようと思っても簡単にはできないものです。

下手に顔を後ろに引こうとすると、あごが上がって上向きになり、ますます首を傷めてしまう始末。

やっと今はうつむき加減の姿勢がラクであることに気がつきました。

実は以前は首を反り気味にしたほうが快適な時期があって、ずっとそういう枕で寝ていたんです。そうするとどうも痛くなって目が覚める。それでもしばらくは自分が気に入っていた枕が悪いなんて思いもしなかったんです。

痛みが出たときは痛みがラクになる姿勢を見つけることが大事だと知って、あごを引いたうつむき気味の姿勢を発見!

眠るときも首がそらないうつむき加減の位置で安定するよう枕を調節してみることにしました。

ソフトパイプは仰向けになっても横向きになっても首がラクになる凹みをその都度自在に作れるのでとっても重宝します。昔ながらのそば殻もいいみたいですよ。

そうすると効果てきめんで、痛みがひどくならずに朝まで眠れるようになりました。傷めている間は、無理しないラクな姿勢で安静にするのがいいみたい。

首や肩のコリをほぐしてストレートネックを改善するトレーニングは、開脚ストレッチよりさらに危険をともなう場合があるので無理は禁物。少しずつ段階を踏んでじわじわいくのが鉄則と思い知りました。

ソフトパイプで自在に調整できるおすすめ枕

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク