馬の葦毛(あしげ)だったらいいのだけれど。

ご覧いただき、ありがとうございました。

horse-181310

白髪染めはもうしないと決めている。

決めているのだけれど、この「ごま塩」色の髪には少々困惑している。ちょうど馬の葦毛(あしげ)みたい。白髪に黒や茶の髪が混ざっている。茶色は毛先や表面にある髪の染色がいまだ残っているせい。白髪染めをすっかりやめて半年以上は経っているというのにまだ残っている。染めた髪が完全になくなるのに一年ぐらいかかると聞いていたけれど、本当なんですね。

馬の葦毛(あしげ)だったらいいのだけれど、人間はそうはいかない。中でも日本人は白髪混じりの髪を「ごま塩」と呼んで評判が悪い。真っ白になるにはまだ10年以上はかかる。その間ずっと「ごま塩」状態です。

スポンサーリンク

白髪にはムラがある?

白髪は髪にまんべんなく現れるのではなく、多いところと少ないところがあると思ってました。染めていた頃は顔の周り、とくにもみあげ付近の白髪がすぐに目立つので多いとばかり思ってた。

ところが、今の状態をしげしげと観察してみるに、白髪の具合はそれはみごとなまでにまんべんなく「ごま塩」であることが判明。

ちょっと髪をかき上げると、ぎょっとするくらい内側のほうが白髪が多いように思うけれど、髪の表面はかつての染色が少々残っていることや、表面は重なり合っている髪の量が多いことから多少黒っぽく見えてるだけで、よく見るとちゃんとまんべんなく「ごま塩」なのです。

もうここまでくると、白髪にムラなんてないんですね……。

「湯シャンで白髪は問題なし!」なんだけれど……

湯シャンのおかげで白髪もパサつくことなくきれい。ほんと色以外に何の問題もないんですよね。

何にとまどっているかというと、どんな格好をすればいいのかイメージがわかなくて。

日本では、白髪混じりの「ごま塩」状態はいわばご法度。いっきに白くなっていわゆる「おばあちゃん」スタイルまでいかないことにはお手本がない。

わたしはファッションの最先端を行きたいわけではありません。周囲に不快感を与えない、できれば好感を持たれる身だしなみでいたいだけなんです。

だけど「ごま塩」にはよくないイメージばかり。

どんなふうに過ごせば自然に今のおしゃれができるのか、ちょっと困ってます。「ごま塩」は徐々に全体が白髪になっていく途中経過の自然現象。なのに忌み嫌って隠しまわらないといけない現状、そのうち変わらないかな。髪や地肌にも悪いし……。

湯シャンに興味ある人はどうぞ。

髪が増えるかどうかは……。

コスプレのかつらみたい。

わたしはお手本がないとダメ。わかりません。ファッションリーダーって柄でもないし、センスもない。

いつもの格好をすると、「ごま塩」頭がコスプレのかつらのように浮いて見えるのは気のせい? もっとおばあちゃんっぽいスタイルしないといけないような気になってくるからフシギ。いや、いっそもっと華やかな服装にしたほうがいいのかな? 髪に合わせて服装をあれこれ考えてみるも、今度は気持ちがついていかない。

カッコイイごま塩スタイル待望!

ヘアスタイルって考えてる以上に大きな影響を与えるもんなんですね。

それでなくても似合う洋服を見つけるのが難しくなってくる年頃だというのに。

髪のコンディションはいいんだけどなあ。この悩み、当分続きそうです。

白髪のお手入れに

naiad1555

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク