どうしても肌に何かつけたいときのオイル

ご覧いただき、ありがとうございました。

plact1353

わたしは肌に何もつけないのが一番調子いいんです。

でも、鼻アレルギーもちなので、ときどき鼻を頻繁にかんで、皮膚がカサカサにむけてしまうことがあります。これはちょっと誰かに見られるとかっこ悪い。

そんなときは、オイルをちょちょっとのせて肌荒れを目立たなくします。

お化粧をするときもオイルを薄く伸ばします。

肌に油分を与えるというのではありません。肌に乗せてガードしてもらうんです。

スポンサーリンク

肌にいいオイルとは?

いいオイルとは、肌をなるべく刺激しないで乗っかってくれるオイルです。浸透なんてしてくれないほうがいいんです。

もちろんどんないいオイルも酸化したものはダメです。

酸化しにくく長期間安定しているという点ではワセリンが一番なんです。おそらく刺激も少ないと思います。医療現場で使われているぐらいですからね。

最高級ワセリン サンホワイト

とはいえバリバリ人工的に精製されてるオイルです。製造過程で何が起こっているのかわかりません。そもそも何年経っても酸化しない油って逆にコワくないですか??

といったリスクを気にする方は昔から使われている植物オイルがおすすめです。

わたしはコールド製法で作られているオーガニックのココナッツオイルを愛用してます。

値段が手ごろでまったくベタベタしないところが気に入っているのですが、冬場はワックスのようにカチカチに固まって使いにくいのが欠点なんですよね……。

プラクトオーガニクス オールスキンリファイニングオイル

【ナチュラン】オールスキン リファイニングオイル(Plact Organics)

【ナチュラン】オールスキン リファイニングオイル(Plact Organics)

こちらは14種類のオーガニック植物油が配合されたスキンケアオイルです。少しだけ使ったことがありますが、素敵な香りで使い心地もよかったですよ。

もったいないので、ワセリンの香り付けに少し混ぜて使ってました。
わたしのようにときどき使う場合は、ごく少量のものを短期間で使い切るようにしたほうがいいですね。

こうしたオイルは湯船や洗面器に入れて楽しむこともできます。

スキンケア化粧品をいろいろ揃えるのをやめて、お気に入りのオイルを一つ持つ、というのもいいんじゃないでしょうか?

いやほんと、何もしないほうがお肌は元気できれいになってくれますよ!