布ナプキン愛用の理由

ご覧いただき、ありがとうございました。

holder

布ナプキンというものの存在をはじめて知ったときは正直ショックでした。
うっかり下着についてしまった経血を落とすのも不可能に近いのに、それなのに、まともに布で受けようとは。ありえない。洗濯もたいへんだし、漏れも心配です。「赤ちゃんの布オムツとはわけが違うのよ」と頭では否定だらけのことを考えているにも関わらず、どうにも気になって目が離せなくなってしまったアレは何だったのだろう。

スポンサーリンク

布ナプキンの口コミを読みあさる

わたしは布ナプキンを使っているという人の口コミを読むことに熱中した。そして誰もかれもがその使い心地のよさ、あったかさの前にあっては、布ナプキンを使うことによる手間など取るに足らない問題であるようだった。

布ナプキンを使っている人とは

布ナプキンに行き着いた人というのは、生理痛がひどい、冷え性で体調がすぐれない、敏感肌でかぶれやすいなどの悩みを持つ人が大半のようだ。使い捨てに反対する環境保護的な理由が一番はじめに来る人はまれである。
布ナプキンに替えたからといって、体調が劇的によくなるなんて誰も思ってなかったと思うけれど、少しでもからだの不調が改善するなら何でも試してみたいと考える程度に悩んでいる人たちなのでした。この不調が何とかなるなら、洗濯のめんどうやまめにトイレにいくぐらいのめんどうぐらい何てことないというわけです。

布ナプキン、そんなにいいならわたしも試してみたい

わたしも寝込むほどではないにしろ、年中何かしらからだの調子がすぐれず、偏頭痛でずっと通院していますし、冷え性や便秘でも不快な思いをしていましたので、布ナプキンがそれほど気持ちいいものならぜひ使ってみたいと思うようになっていました。
そのときには、布ナプキンを使うわずらわしさのこと、忘れてました。

布ナプキンのメリット大きすぎ!

布ナプキン、いいことばかりじゃありません

布ナプキン、買い揃えるには意外と高い

ふだん使い捨ての紙ナプキンをどれぐらい使っているか数えたことあります? 
わたしは知りませんでした。経血量にしても、人と比べたことがないので自分が多いのか少ないのかもわかりません。不順ではありませんが、生理の感じは毎回同じではありません。やたらしんどいときもあれば、ラクなときもあったり、短期集中かと思えばだらだら長引いたりいろいろです。
そんな中で、いったい布ナプキンどれぐらい用意してればいいの??
布ナプキンは使い捨てではないので、長期的には回収されていくのですが、いっぺんに揃えようと思うと、かなりの出費になります! 

布ナプキン、お気に入りを見つけるのにちょっと時間がかかります。

布ナプキンには、形や大きさ、素材もいろいろあります。どれも使ってみないことにはわからないので、いろいろ試しながら自分なりの使い方を見つけていかなければいけません。
ほかに、経血によるシミもきれいにとれないことが多いので、気になる人は困るでしょうね。洗濯して使うのでシミがあっても問題ないのですが。

布ナプキンの効果、ほんとのところ

わたしが長く布ナプキンを愛用できているのは、洗濯がしんどいなと思ったときは紙ナプキンを使い、肌の調子や冷えが気になったときは布ナプキンを使ったり、そのときの気分でいいかげんに対応して無理をしなかったからだと思います。無理しなければ、布ナプキンは快適です。ときどきだけでも使いたくなる気持ちよさですよ。

布ナプキンの使い方


基本は
・布ナプキンがずれないように固定するためのホルダー
・布ナプキン
のセットです。一体型もあります。
紙ナプキンがどんどん薄型化している中では、布ナプキンはかなり厚く感じるかもしれません。
ホルダーにはレースのゴムひもがついていて、それに布ナプキンをはさむようになっています。
布ナプキンには、ハンカチのような布を折って使うタイプと紙ナプキンのような形に成形されたものがあります。

布ナプキンの選び方

急いで揃えたい人は必要なものがセットになっているものを選ぶと便利です。
はじめは標準サイズのホルダー一つと布ナプキン数枚あればOKです。
一体型は便利そうに思いますが、わたしの場合、しばらくするとほとんど使わなくなりました。調整ができないからです。漏れないように布の吸収体が縫いこまれているので全体的にやわらかさに欠け、洗濯後乾きにくいのも困ります。でも、外出時も布ナプキンを使いたい人や、紙ナプキンをまったくやめてしまいたい人には、あると便利だと思います。

経血量と生活スタイルに合わせて柔軟に

軽い日やおりもの用の小さなタイプから始めてみるのもいいかもしれません。冷え対策にもおすすめです。わたしは夜や外出時は紙ナプキンを利用するので、布ナプキンの大きいサイズは持っていません。無理しないで気持ちよく使えそうなときに使うようにするといいですね。

布ナプキン、かんたん手づくりで使い捨て感覚もアリ

布ナプキンは肌触りがやわらかいネル地やオーガニックコットンが使われていることが多いです。いい布を使っているせいか、市販の布ナプキンは高価です。
そこで、裏地に古いパジャマの生地を使って、布ナプキンを手縫いで作りました。かたちはいびつですが、使い心地一番のお気に入りになってます。汚れたら捨てちゃえと思っていたのですが、長年使ってます。
考えてみれば、折りたたんでホルダーにはさめば何でも布ナプキンになります。わたしが今はまってる「冷えとり健康法」では、シルクが肌にふれるような布ナプキンにすると生理痛にいいらしいのですが、さすがにまだ試したことがありません。穴のあいたシルクの靴下をリフォームする人もいるそうです。いつか試してみたいと思います。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク