頭痛薬をやめたいわけ

ご覧いただき、ありがとうございました。

mental-health-2211184

頭痛もちにとって、頭痛薬は欠かせない。

頭痛は薬で痛みをコントロールしながらじょうずに付き合っていくしかないものだと言われることもよくあります。つまり体質だから治らないって宣告されてるんです。

頭痛に限らず、薬で症状をコントロールするしかないとされてる病気は無数にあります。

実際薬に頼ってるわたしとしては、薬を全否定するつもりはまったくないのだけれど、信頼しているわけじゃない。

なぜなら、地道な体質改善で断薬に成功している例が少なからずあるからです。

スポンサーリンク

薬を飲み続けるリスク

わたしは薬の専門家じゃないので偉そうなことは言えないし、詳しいこともわかりません。それでも薬というのはそうそう人間に都合よくできていないことぐらいわかります。単調な作用で加減を知らない。

たとえば一般的な鎮痛薬は、どこのどんな痛みかに関わらず、神経を麻痺させることで痛みを抑えるという大雑把なものですし、炎症を抑える副腎皮質ホルモンや非ステロイド性抗炎症薬は、しばしば効き過ぎて免疫力を奪い過ぎるので、弱ってる人には危なくて使えないと言います。

症状を一時的に抑えるためだけにそんな薬を飲み続けているのかと思うと嫌になります。

とはいえ、一時的にでも頭痛を鎮めてくれる頭痛薬にはほんと感謝してるんですよ。そのおかげで寝込むことなくよりよい生活が送れていることも確かなんですから。

だけど、このまま薬に頼るだけでいたら、きっと頭痛だけではすまなくなる。

漢方薬との併用で減薬できるかも

炎症体質は病気のもと

炎症は、通常からだを守るために起こります。ところが、炎症を鎮めてコントロールする機能が働かなくなると、炎症が暴走し、さまざまな病気が引き起こされます。

炎症体質とは、このように炎症を鎮めて正常にコントロールする働きが弱まっていて、過剰に炎症しやすい体質のことをいいます。

これが片頭痛やアレルギーをはじめ、あらゆる生活習慣病の原因になっているんですね。

病気は薬が治すのではなくて、自分のからだが治してくれるんです。

薬はその手助けをするものに過ぎません。

鎮痛薬や抗炎症薬に頼らなくても、炎症を抑える能力は自分にあるってこと、今一度思い出したい。

体質改善に努めてます。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク