50代運動不足主婦の筋トレ3つの条件

ご覧いただき、ありがとうございました。

possible-379215

漠然と運動しなくちゃいけないと思い立ったのはいいけれど、いきなり筋トレを始めても長続きしない自信がある。もともと運動は好きじゃないからです。これまで何回も挫折してきました。

だけど今度ばかりはやめるわけにはいきません。これから先の人生がかかってますから。

続けるための必須条件は、

  1. 気軽
  2. 簡単
  3. 短時間

の3つです。

スポンサーリンク

いつでもどこでもできる気軽な自宅筋トレ

好きじゃない運動をするわけですから、始めるのに必要な準備や手間は極力減らさないといけません。

  • 着がえる。
  • 出かける。
  • 道具を用意する。

といったことがやる気になる人もいますが、運動嫌いな人には逆効果。続かない原因になってしまいます。

歯みがきのように無理なく生活の中に溶け込ませないと。だから自宅でいつでもできる道具のいらない筋トレがぴったりなんですね。

1日1筋トレなら簡単

筋トレは、正しいフォームを習得するのがけっこうむずかしいんです。正しくできていないと逆効果になるので丁寧に確認しながら行わなければいけません。慣れないうちは家族に見てもらったりしてけっこうめんどうなんですね。1日に何種類もやろうとすると、いっぺんに嫌になります。

だから筋トレは1日一つだけにします。

わたしははじめ、太ももの筋肉を鍛えるスクワットだけにするつもりでした。でも、おいおい「お尻」「内もも」「ももの付け根」「ふくらはぎ」の筋トレを一つずつ、全部で5種類を5日間かけて順番にやっていこうかと考えています。

写真つきでわかりやすい自宅筋トレ本

筋トレって、手軽にできるのはいいのですが、実際にきちんとしたフォームで行うのはむずかしい。この本は、写真つきでわかりやすく説明してくれているので確認するのに便利です。

1日20回3セットが基本でだいたい15分

筋トレは20回するとちょっとしんどいぐらいのものを1日3セットおこなうのが基本です。セット間は60秒~90秒ぐらいで行うと運動効率がいいと言われていますが、その日の都合で自由に変えてもいいことにします。全部でだいたい15分程度で終わります。

筋トレはラク過ぎると筋肉がつきませんし、しんど過ぎたらケガしたり嫌になって長続きしません。ちょうどいい加減というのがむずかしい。でも、わたしのような運動習慣がない初心者は、何をやってもいい運動になることはあってもラク過ぎてダメなんてことはまずありません。最低2ヶ月続けてみて、それでもラクだったら次のステップに行くようにします。20回がしんど過ぎる場合は適当に減らします。

ちなみに回数をどんどん増やしていくと、筋肉は増えませんが持久力がつきます。筋肉量を増やしたい場合は、同じ20回でより負荷が大きいメニューにステップアップしていくようにします。

筋トレの記録のしかた

筋トレをした日にしたことだけ記録するようにします。1ヶ月に1回、体重・体脂肪率・骨格筋率・基礎代謝も記録しておきます。

サボった日やできなかった日はつけません。数値は毎日記録しません。記録は何もしなさ過ぎるのも、また逆に細かくし過ぎるのも意欲を失わせてしまうことがあります。記録のしかたは自由ですが、いつ見ても続けてきたことがわかってやる気につながる記録にしたいですよね。

臨機応変が継続のカギです。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク