片頭痛改善「万能健康ジュース」アレンジ

ご覧いただき、ありがとうございました。

apple-juice-1055331

片頭痛の治し方』に掲載している万能健康ジュースを適当にアレンジして飲んでます。

続けることが大事。

スポンサーリンク

「万能健康ジュース」基本レシピ

以上をミキサーにかけるので、水を適量加えるのですが、わたしは水の代わりにリンゴジュースと豆乳を入れてます。

りんごが高価なときは、りんごジュースで代用し、りんごペクチンを加えます。りんごペクチンは善玉菌のエサなんですよね。

りんごペクチン

100%りんごジュース

オリゴ糖は高価なので入れたり入れなかったりしてます。便秘の方は入れたほうがいいです。甘さはほとんどないので、甘くしたいならバナナやりんごジュースがおすすめ。

オリゴ糖

血糖値が気になる場合は、オリーブオイルを入れるといいそうです。

頭痛改善「ラブレクラウト」の材料もジュースに加える

片頭痛の治し方』で「万能健康ジュース」とともに紹介されているのが「ラブレクラウト」という食べ物です。

これはラブレ乳酸菌のキャベツの漬物。常備菜にして毎日食べるといいんですが、それならついでに毎日飲むジュースにも入れてしまおうというわけです。

  • キャベツ
  • ラブレ乳酸菌飲料

ラブレクラウトのキャベツを入れてもいいんですが、キャベツとラブレ飲料をそのまま入れることも。

ラブレクラウトは酸っぱくて、ラブレ飲料は甘いので、ジュースに入れるときは加減します。

ビタミンC粉末

ミルサーで1杯ずつ


わたしはミルサーで一杯ずつ少量しか作れません。

材料の種類が多いと、それぞれはほんの少しずつしか入れられないんです。

これからの暑い季節は、ジュースを1日2回ぐらい作ってもいいかな、って思ってます。

味も飲みやすいように、コストも無理がないようにして、気長に続けられるアレンジをするといいですよ♪

塩化マグネシウム水溶液を作ります。

塩化マグネシウム水溶液の作り方はこちら。