「冷えとり」胡散臭い健康法堂々2位!?

ご覧いただき、ありがとうございました。

silkfamily1626

ちょっと前にネットで見つけたあやしいと思う健康法ランキング。冷えとり健康法が堂々2位にランキングインしてたんですよね……。確か1位は尿を飲む健康法だったと思う。尿の次にあやしまれてるとはびっくりしました。

いや確かに、あの靴下の重ね履き具合は社会生活に支障をきたすレベルかも。でもね、下半身を冷やさないように温かくするのって、悪くないですよ。

スポンサーリンク

健康法、徹底するかアレンジするか。

「冷えとり」に限らず、どんな健康法にも「やってみたけど全然効果がない!」 という意見が必ずあるんですよね。で、その返事もまた「基本どおり実践していない」とか「徹底さが足りない」みたいなことを言われたりするんです。

わたしもね、はじめはいちおうテキストどおりやってみようとするんです。でも、めんどうだったり、具合が悪かったりしてどうにも生活になじまない部分が出てくるんですね。

踏ん張って無理して続けてみることもあるんですが、やっぱり無理は続きません。やがて靴下に穴が開いたのをきっかけに枚数が徐々に減り、重ねる順番もいい加減になったりしてます。

2枚目の五本指靴下がネックに

わたしの冷えとりのつまずきは、2枚目に履く五本指靴下なんですね。大きいとすっぽ抜けるし、小さいと指が痛くてちょうどいいのがなかなかない。歩きにくかったり痛かったりすると履かなくなりますよね。2枚目の五本指靴下だけが無駄に宙に浮いたようにたんすの肥やし化するのに我慢できなくなりました。

五本指は1枚だけにしよう。

そう決めました。1枚目のシルクの五本指は気持ちいいからやめられません。これだけは、どこに行くにも履くようになりました。

内側シルク表側コットンが便利。

五本指靴下の重ね履きが苦手な人におすすめ。一枚で二枚重ね効果!

ズボン下・レギンス・スパッツ類は重ね履きするようになった

冷えとりを始めて一番変わったのは、靴下よりもズボン下と言われる類の下着を着用するようになったことです。それまでは寒がりのくせに、冬に厚手のタイツを履くぐらいでした。下半身の重ね着に抵抗があったんですね。なんかトイレに行くとたいへんそうだし、履き心地はもちろん見栄えも悪そうでしょ。

だから足は冷たいのがあたりまえみたいになってました。冬はスカート履きたくても寒いので仕方なくパンツスタイルということが多かった。

ところが冷えとりで重ね着の免疫ができてからというもの、ゆるゆるのズボン下やレギンスの重ね着が平気でできるようになったんですね。というか、どうして今まで履かなかったのかと後悔するぐらいあたたかくて快適。今では不可欠です。おかげでこの冬はもっぱらスカートで、すっかり長ズボンは履かなくなりました。

レギンススタイルがめずらしくなくなったのも助かってます。

綿混七分丈スパッツ

スカートスタイルのときに便利。

健康法はいいとこどり。

話題の健康法に飛びついては飽きるの繰り返しはダメみたいに思いがちですが、わたしはそれでもいいと思っています。わたしの「冷えとり」もそうですが、やってみてよかったところは、ちゃんと習慣になって自然と生活に取り入れられていくんですよね。

健康法が気になるのは、何かしらからだの調子に気がかりなところがあるからではないでしょうか。からだの調子は一人ひとりみな似ているようで違います。一つの方法ややり方に固執しなくてもいいように思うんですよね。

  • 自分でいいと思ったことはやってみる。
  • 無理はしない。
  • 無理なくできるようにくふうする。

これからもこんな感じであやしい?「冷えとり」に励みたいと思います。