湯シャン派はヘナでじゅうぶん白髪が染まります。

ご覧いただき、ありがとうございました。

cat-2163113

白髪染めはしないつもりだったんですが、ヘナのトリートメント効果が素晴らし過ぎて、すっかりヘナ染めすることに。

めんどうだし時間がかかるのは確かなんですが、意外と色落ちはしないんですよ。

スポンサーリンク

髪色を黒っぽくするインディゴのじょうずな使い方

ヘナのオレンジ色を茶色や黒に調整するのはインディゴです。

藍ですね。

これがヘナより染まりやすいけど色落ちもしやすいんです。

ヘナのような粘り気がなく、お湯に溶かすとサラッとしているので髪にも塗りにくいんです。1時間もすれば染まるので、長風呂の人はお風呂で染めるといいかもしれませんね。

わたしはインディゴだけだと髪がパサつくので、今はヘナと混ぜて染めてます。ヘナとインディゴを混ぜて一度に染めるとラクなんですが、どうしても色ムラができやすいです。ペーストがなめらかになるまでよくよく混ぜることが大事です。

でも、白髪が多い方やしっかり染めたい方は、はじめの一回だけでもヘナだけでじっくり染めたほうがあとのメンテナンスがラクです。ベースにヘナがあったほうがインディゴがきれいに染まるからですね。インディゴだけだと、お風呂のついでに短時間で染めることもできます。インディゴを重ねると黒髪に近づけます。

すすぎはしつこいぐらいしっかりと

ヘナはもちろん、インディゴのすすぎはしつこいぐらいていねいに。

すすいでもすすいでもキリがないと思えるほど色が出ます。

完全に色が出なくなるところまではなかなかいきません。

でも、そのうちすすいだ湯の色が淡く透明に近づいたあたりで安定してきます。すすいだ湯を洗面器で受けながら流すとよくわかる。

そうなったらできあがり。

自然乾燥

寒い季節はつらいんですが、すすいだ後の髪はできるだけ自然乾燥させます。風邪をひかないように、頭以外はあたたかくしましょう。タオルドライはしっかりするといいと思います。

これが色落ちを防ぐポイントだったんですね。

すぐにドライヤーで乾かすと、爪が青くなるぐらい色落ちしていたんですが、自然乾燥してからドライヤーしてもほとんど色落ちしないんです!

たぶん、しばらく空気にさらしたほうが色が定着するんでしょうね。

湯シャンとヘナは相性抜群

湯シャンの髪とヘナは相性がいいみたいで、ケミカルな白髪染めに少しも劣らない染め上がりです。

生え際だけ少量のヘナで部分染めなどすれば、2,3か月に1回ぐらいのヘナでじゅうぶん。一般の白髪染めをしていた頃と染める頻度は同じか少ないぐらいです。

ヘナは髪や頭皮のケアにもなることなので、手間がかかってもやるだけの価値があるんです。

わたしはヘナのおかげで頭皮の湿疹やフケが治まりました。くせ毛でボサボサになりがちだった髪にもつやが出てきたんですよ。

ふだんは湯シャンでラクしてますので、たまにするヘナ染めなど少しも苦になりません。

あなたもいかが?

愛用ヘナ

オーガニック仕様の高品質ヘナ。

ヘナとインディゴが別々に入っているので調整できて便利。

iHerbで安く購入してます♪

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク