片頭痛薬検証

ご覧いただき、ありがとうございました。

medicine170421

わたしが今利用している片頭痛薬は、

  • アマージ2.5mg
  • 粉薬(SG配合顆粒 1g、エチゾラム細粒1% 0.025g、メントール0.007g)

です。

最近は上記の1回分を半量にして飲みます。

スポンサーリンク

半量でも効く

同じ薬を処方されていた子どもが、脱力感などの副作用を訴えたところ、1回の量を半分にしてもらったのがきっかけでした。

わたしももしかしたら半分でも効くんじゃないの? って思ったんですね。

試してみたら案の定ちゃんと効いてくれました。

粉薬だけでも効く

この頃は粉薬だけでも効くことが判明。

最近のわたしの頭痛は、筋収縮性頭痛っぽいんですよ。頸椎周辺から肩甲骨あたりの痛みが何とも不快。いわゆるガンガン響いたり、吐き気がする片頭痛に発展することも少なくなってきた気がしてるんです。

我慢できない痛みというより何とも憂鬱な痛みで、これはこれでつらい。ストレッチすると軽減するところをみると、これはもう完全に筋収縮性頭痛。

長い間、アマージと粉薬は同時に飲んできたんですが、試しに粉薬だけ飲んでみたところ、あっさりすっきり効いてくれたのでびっくり。

エチゾラム細粒1%「JG」だけでも効くかも

粉薬の中のエチゾラム細粒1%「JG」という薬だけでもいいんじゃないかと思っているところなんです。

というのが、

筋肉の緊張をやわらげ、頭痛や頸部痛を改善したり、精神の緊張による様々な症状を改善したり、病気に伴う不安を和らげます。

とあり、今のわたしの頭痛にぴったりなんですよね。

でも、1回分の粉薬の半分に含まれているエチゾラム細粒はわずか0.0125g。実際に痛みを抑えてくれているのはSG配合顆粒というピリン系の解熱鎮痛薬のほうで、エチゾラム細粒だけでは頼りない可能性は否定できない。

エチゾラム細粒はデパス細粒の後発医薬品です。抗不安薬として有名で、睡眠薬として常時大量に飲む人もいるほど、比較的安全とされている薬なんですが、依存性は高そうです。

わたしのように頓服として少量服用する場合は依存の可能性はほぼないと思いたい。

薬はなるべくシンプルなほうがいいと思ってるんですよね。

わざわざSG配合顆粒とセットになっているあたり、何かしら一緒に飲むメリットがあるのか、粉を増量するために入ってるだけってことも考えられます。清涼感を出すメントールなどと余計なものまで入ってるぐらいですから。

エチゾラム細粒を単一で服用する場合の量など、一度医師に相談してみようと思います。

断薬への道は遠いですが、減薬はぜひ、徐々にでも達成できたらいいな。

片頭痛体質を改善する方法