2016年片頭痛の傾向おさらい

ご覧いただき、ありがとうございました。

red-panda-1194504

今年の片頭痛記録を振り返りながら傾向を探ってみました。

スポンサーリンク

更年期以降、片頭痛がなくなるタイプではなさそう。

更年期になって女性ホルモンが減るにつれて片頭痛が改善するという話をよく耳にしていたので、ひそかに期待していたのだけれど、どうやらわたしはないみたい。

そもそも生理と片頭痛がリンクしない。

生理で不調のとき、確かに片頭痛になることはあります。でも、生理じゃないときも片頭痛は起こります。

おそらく片頭痛を引き起こす状況は一つではないんです。何かしら刺激があると、片頭痛というかたちで反応してしまう癖があんだと思います。いわゆる片頭痛体質なんですね。

アレルギー反応みたいなものではないかと思っているんです。

少量の薬でよく効くときとなかなか効かないときがある。

今年はこのまま片頭痛が順調になくなるのではないかと思うぐらい順調な時期も2、3回あったんです。

ところが逆に、薬がなかなか効かなくて、何回も服用することが数日続くという最悪の時期もまたありました。

比較的あたたかいというか、夏は調子がよかったみたいです。

くわしいことはわからないのだけれど、もしかしたら温度変化の少ない時期がいいのかもしれません。

アレルギーなどほかの症状との関係

これもちゃんとした記録をつけていないので確かなことは言えないのですが、肌に湿疹やかゆみなどアレルギー症状が出るときは、片頭痛が少ないように思うんですよね。

肌に出せないストレスが片頭痛になっているのかもしれません。

それから今年は便秘がほとんどなかったにも関わらず、片頭痛や湿疹は改善しなかったのが残念。

腸内環境改善の影響が出てくるのは、まだまだ先のことなのでしょうか。

思い切った睡眠をとらないと、せっかくの薬が毒になる。

もともとロングスリーパーなんですよね。

でも、いろいろやりたいことがあるじゃないですか。

テキパキできるほうではないので、あたりまえのことをこなすだけでも一日があっという間に過ぎてしまうんです。

片頭痛薬でとりあえず痛みをしのぎながら、そのうちよくなるのを待つような感じでいるとダメですね。

思い切って中断して休んだほうが回復が早いとわかりました。

いろんなことが滞ることについては割り切るしかありません。

わかっていてもなかなかできなかったんですが、これからは思い切って休むことに決めました。

片頭痛を飲んだら痛みはラクになるけれど、薬の解毒で肝臓や腸には負担をかけているんですね。その分からだを休めないと、せっかくの薬が毒になる。

痛みを抑えて無理して動いてもろくなことにならないんですね。だから薬を飲んだらなるだけ眠ることにしました。

それができる環境にあることを感謝して、元気なときはせっせと働きたいと思います。

2017年は片頭痛記録をもう少し充実させたい。

わたしの片頭痛記録は服薬記録のみ。

  • 最高・最低気温
  • 天候
  • 体調
  • 睡眠
  • ストレス

といったことも簡単にメモするようにしたいと思います。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク