ヘアアイロンは白髪混じりのクセ毛に必需品

ご覧いただき、ありがとうございました。

beauty-15932_640

クシャクシャのクセ毛が愛らしく見えるのは少女くらいのものです。50代にもなると、だらしなくて見苦しい。そうでなくても白髪混じりのごま塩ヘアをこぎれいに見せるにはセットは欠かせないんです。

スポンサーリンク

ヘアアイロンでドライヤーの時間を短縮

ドライヤーの風を髪の根元にしっかり当てるのがセットの基本ですよね。でも、ドライヤーの風は地肌には悪いんですよね。地肌が乾燥して湿疹があるようなときは、ヒリヒリしたりするんです。

そこで、ドライヤーは根元に当てずに髪全体をざっと乾かすだけにします。それからまだ髪がちょっと湿っているぐらいでヘアアイロンを使うようにしています。濡れた髪にアイロンはだめですよ。髪が痛んでしまいますからね。

ドライヤーを当てながらブローするより、ヘアアイロンを使ったほうが地肌にやさしい気がしています。とにかくドライヤーの風が地肌によくないので、その時間を少しでも短縮できるのはいいと思ってます。

わたしのヘアアイロン、VIDAL SASSOON ヘアセッター VSI-1002/K ブラック

今はもう取り扱いしていないみたいです。わたしは毎日長時間使うわけではないので、まだ当分使えそうです。今は携帯用の小型のものやアイロン部分が幅広のものなど、いろいろ使いやすそうなものがいっぱいあるみたいですね。

わたしはシンプル機能が好みです。機能がたくさんあっても結局使わないことが多いので。それにシンプル家電のほうが長持ちします。

ヘアアイロンでクセを伸ばしつつ白髪ヘアの艶出しに

ヘアアイロンでクセを伸ばします。クセ毛だとかんたんにヘアアイロンに伸ばされてストレートになってくれます。こういうときだけクセ毛はしやすい。ま、このクセもセットしたときの一時的なものなんですけどね。

ヘアアイロンでクセ毛を伸ばすと、髪にツヤが出るんです。とくに前髪をしっかり伸ばすのがポイントです。そうすると、白髪ヘアも少しはこぎれいに見えます。少なくとも、身だしなみにそれなりに気を使ってるってことはアピールできるのではないかと思ってます。それでも雨の日や湿気の多い日、風の強い日なんかは、あっという間にセットがくずれてしまうんですけどね……。

ショートカットでヘアセットの手間を最小限に

白髪ヘアになったこともあり、できるだけ短いヘアスタイルにしています。襟足刈り上げのワカメちゃん風です。おっさんにならないように気をつけてるつもりですが、おばあちゃんにはなってしまいそうで、どうしたものかと悩んでいます。

先日、70代の母が周囲から白髪を染めるように言われると聞いて、今は70代でも白髪染めはやめられないんだと愕然としました。わたしの友だちも80になってやっとお母さんが白髪染めしなくなったと言ってました。それまで毎月ちゃんと染めていたそうです。

50代でごま塩のわたしはかなり異様なんだとあらためて思い知りました。ちょっとくじけてます。

話がそれました。

ヘアアイロンは髪を傷める印象がありますが、じょうずに使うとヘアセットの強い味方になってくれます。ドライヤーの風に長時間あたるよりは、ヘアアイロンをポイント的にうまく使ってヘアセットするほうがいい場合もあるというお話でした。

ヘアスタイルは身だしなみを決める大きな要素ですよね。50代からはいっそう手が抜けません……。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク