ヘアブラッシング、ちゃんとやってみてわかった3つの効果

ご覧いただき、ありがとうございました。

hairbrush18

シャンプーをやめて、ブラッシングをちゃんとするようになった。正直たかがブラッシング、となめていました。

ブラシは猪(いのしし)の毛が一番いいらしい。動物の毛の中でもっとも固く、髪をしっかりとかすことができるからだという。猪の毛のブラシは、とんでもなく高価であることもはじめて知りました。

スポンサーリンク

ブラッシングで髪の汚れがとれる

ちゃんと髪をブラッシングすると、ブラシがすぐにホコリだらけになることにびっくりする。

たとえ毎日そうじしていても、うちの床はすぐにホコリだらけになる。そういうのが髪についたとしても不思議じゃない。ブラッシングをするまで、髪がこんなにホコリまみれになってることに少しも気づかなかった。

ブラッシングは髪の汚れを浮かす

髪の汚れはチリとかホコリだけではない。頭皮から出る汗や皮脂である。この汚れはニオイのもとでもある。

でも、汗も皮脂も水溶性で、水洗いで落とせるということらしい。

ブラッシングは、汗や皮脂の汚れを浮かせ、洗髪のときにすっかりきれいに洗い流すことができるようにしてくれます。

天然毛のブラシは髪のツヤを出す

天然毛のヘアブラシは、主に豚毛と猪毛のものがあります。

豚毛は、猪毛よりやわらかく、値段も手ごろです。毛がやわらかいので、地肌にまで毛が届かなくて、もの足りなさを覚える人もいるようです。

天然毛のヘアブラシで、ゆっくりていねいにとかすと、髪がしっとりつややかになります。天然毛の油分が髪を乾燥から守ってくれるからですね。

頭皮の余分な皮脂や汚れもとってくれるので、髪本来のつやが出ると言われています。

わたしはクセ毛で、髪がまとまりにくいのですが、ブラッシングをしっかりするようになって、驚くほど落ち着いてまとまるようになりました。

へたなヘアオイルなんか使うよりずっと優秀です。

ブラシは、プラスチック製とウッド製、豚毛の3種類を使い分けています。

hairbrush58 hairbrush52 hairbrush40

天然ブラシは高価でも消耗品

イノシシ毛100%のブランドヘアブラシは、1万円ぐらいします。大事に長く使うというのも方法です。

が、天然毛ブラシは、痛みが早まるので、水洗いは最小限にとどめなければならず、清潔に保つお手入れがけっこうたいへんなんです。

いくらいいブラシでも、不潔なブラシでブラッシングするのは、逆効果です。

天然毛ブラシをまめに水洗いして、早めに取り替える方法もありです。その場合は、最高級のブランドブラシにこだわらないで、そこそこの価格のものを使ってもいいのではと思っています。

わたしの豚毛のブラシは、安いせいか、やわらかくて頼りないと思っていましたが、慣れると、じゅうぶんいい感じのはたらきをしてくれています。

今になってみると、地肌をカリカリこするようなブラッシングはほんとに正しいブラッシングではなかったことがわかります。

ブラシのそうじはまめにする

プラ製のブラシは、ブラシのそうじをするとき、ブラシ同士を交差させるのに使えて便利です。

まめにブラシをそうじすると、専用のブラシクリーナーは必要ないと思います。ブラシクリーナーも思うほどほこりはきれいに取れないからです。ブラシのほこりは、ためてから取るのではなく、なるべくたまらないように、日ごろからきれいにしておくようにしましょう。

かんたんに取れないほこりがどうしようもなくたまってしまったら、ブラシの取替え時ではないでしょうか。

ヘアケアの基本はブラッシング

シャンプー、リンス、トリートメント、ヘアオイル、ヘアクリームなどのヘアケア用品にこる前に、まずブラッシングを見直してみませんか? ほんとに想像以上の満足できる効果が得られることにきっとびっくりするはずです。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク