頭痛に効く漢方薬

ご覧いただき、ありがとうございました。

traditional-chinese-898567_640

漢方薬って効く人には効くみたいなんですが、効いているような効いていないような、そんなはっきりしないイメージがあるんですよね。保険が効く漢方薬もあるんですが、一般のお医者さんは漢方なんてまったく詳しくないですよね。それらしい薬局で相談したらバカ高い漢方薬をすすめられそうで気軽には行けません。

頭痛はこれで予防できる!』で紹介されていた頭痛に効く漢方薬について調べてみたら、トリプタン頭痛薬を減らせた人や頭痛自体が起こらなくなった人までいることがわかりました。なんといってもありふれた漢方薬らしくて値段も安い。保険も効く。がぜん興味がわいてきました。

スポンサーリンク

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

頭痛に処方される漢方薬は複数ありますが、この呉茱萸湯は第一選択剤の一つです。

効き方はほんとに人それぞれで、すぐ効く人もあれば、長期間かけてじわじわ症状が軽減していく人もいます。呉茱萸湯を処方した患者の改善度などをデータにしたものによると、まったく改善が見られない者は1割ほどで、個人差はあるものの何らかの改善が見られた患者が圧倒的に多いので試してみる価値はありそうです。

といっても、どのようなタイプの人のどのような条件で発症した頭痛にどれぐらいの効果があるか、というところまでははっきりわかっていないようです。臨床経験の積み重ねで徐々にわかってきているところみたいです。

呉茱萸湯が効きやすいタイプの傾向

だいたいどんなタイプの人によく効くかという傾向はあるようです。それによると、

  • 頭痛のタイプはいわゆる片頭痛
  • 冷えや月経時に発症するもの
  • 吐き気や嘔吐、肩こり、冷え、のぼせやほてり、胃が詰まったような感じがともなうことがある
  • 乗り物酔いはしない
  • 冷え性で汗をかかない
  • 月経不順ではないが月経痛がある

西洋薬との併用に効果がある

呉茱萸湯は単独でもよく効く場合もありますが、トリプタンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)といった西洋薬と併用して使ってもいいみたいです。最初は併用していても、呉茱萸湯の効果が現れだすと、徐々に西洋薬の量を減らしていくことができる例が多いそうです。これがいい。

また、痛くなりそうなときに服用すると、ひどくならなかったり、おさまってしまうこともあるようです。ただし、激痛を抑えることは少ないようです。

呉茱萸湯を飲み続けると片頭痛がなくなるかも

呉茱萸湯を常用しているうちに、片頭痛がなくなってしまう場合もあるようです。この場合の常用期間にはかなりの個人差があり、少なくとも数ヶ月、場合によっては一年以上の長期になります。

漢方薬には副作用がない、というのは誤解で、やはりお薬ですから副作用のないものはありません。でも、呉茱萸湯の長期常用については、体質改善に使われるくらいなので問題ないようです。

呉茱萸湯1日3回30日の費用は3割負担で900円!

「頭痛はこれで予防できる!」の著者は体質改善に呉茱萸湯をすすめています。ご自身も数年来服用されているようです。予兆があると、一日の3倍以上の量をたっぷりのお湯で一気に飲むことがあるそうです。そういうことをしてもだいじょうぶなんですね。

近所で漢方を処方してくれそうなお医者さんを探してみようと思います。

呉茱萸湯は市販もされているそうですよ。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク