メガネレンズの汚れがとれないと思ったら

ご覧いただき、ありがとうございました。

glasses86

拭いても拭いてもめがねの汚れがとれないと思っていたら、プラスチックレンズのコーティングが剥がれてきたからだそうです。

こうなると寿命みたい。

スポンサーリンク

プラスチックレンズのコーティングが剥げるとこんな感じ

ふつうの汚れとは明らかに違います。

はじめは傷か接着剤か何かが付いてしまったのかと思いました。

角度によってはほとんどわかりません。

かけていても神経質にならなければ気にならないと言えばならないのですが、やっぱり日に日に白っぽく見えるようになってきた気がします。

プラスチックレンズの弱点は湿気と温度

プラスチックレンズは何より軽いのがいい。

最近のプラスチックはガラスのものに負けないぐらい傷もつきにくい。

ただ、知らなかったのだけれど、湿気や温度差に弱いらしい。

お風呂でかけたり、お湯で洗うと傷みやすいのだそうです。

わたしはよく湯洗いしてたんですよね。

そうすると皮脂汚れがいっぺんにとれてゴシゴシ拭き取るよりずっといいと思っていたんですが……。

UVやブルーライトカットなどコーティングするものが多い。

傷予防に加え、UVやブルーライトをカットするものなど、いろいろ機能アップのコーティングがなされるようになるにつれて、レンズの寿命は短くなっているのかもしれないです。

お風呂で使いたい人は、ガラスレンズがおすすめだそうですよ。

軽さをとるか、丈夫さをとるか、用途に合わせて考えたい。

わたしも近視用と中近両用の二つを使い分けています。

めんどうですが、ちゃんと使い分けたほうが疲れにくく、片頭痛予防にもなっていると思います。

視力を矯正することは、疲れ目予防にとどまらず、健康維持にも関わることなんですね。

メガネ、大事にしたいと思いました。

東レ トレシーめがねふきクロスはおすすめ♪

トレシーは性能が違います。買うだけの価値あり。

洗って何度でも使えます!

直径2ミクロンの超極細繊維はお肌にもやさしいので、洗顔に使う人も。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク