「食べない」健康法のススメ

ご覧いただき、ありがとうございました。

genmai1910

ファスティングとは、必要最低限の栄養をとりながら断食し、ゲドックスを促進し、からだをリセットする「食べない」健康法です。

飽食と環境汚染から逃れられない現代人にとっては、食べるより、食べないほうがリスク回避になるなんて、なんだか切ないですね。

定期的にファスティングするといいみたいなんですね。

高価な酵素液を飲まなくても、安全に手軽にファスティングする方法を紹介します。あなたもファスティング習慣、はじめてみませんか?

スポンサーリンク

玄米デトックス七号食

七号食というのは、10日間、玄米だけ食べて過ごす食事方法です。もちろん、お茶は飲んでもいいですし、玄米なら制限なく、好きなだけ食べてもいいんです。

じつは、わたし、七号食を二回体験したことがあります。ほかのファスティングは、せいぜい三日ぐらいだと思うのですが、七号食は、10日間なので長いです。

玄米は食べてもいいので、ファスティングとは言えないかもしれませんね。

はじめの二日かがちょっとつらいです。でも、さすがに10日間も七号食を続けると、からだが変化するのがわかります。

七号食で便秘が改善

わたしは、便秘改善のために七号食に挑戦しました。日ごろから玄米食だったので、取り組みやすいと思ったんですね。

それまでにも、サプリメントや運動など、いろいろやってみては、一時的に改善はするものの、いい調子が継続できず、悩んでいました。

便秘は、体調不良のもとだと思っていたので、何とかしたい思いが強くありました。

はじめての七号食のとき、二日ぐらい出なかったんですが、その後、一気に出ました。くだすことなく、ふつうにたくさん出たので、ほんとに気持ちよくすっきりしました。

一週間ぐらいすると、家族に「顔がすっきりした」と言われました。少し、むくみがとれたようでした。

七号食は空腹感はないが、玄米食に飽きがくる。

空腹感よりマシですが、七号食は、玄米食に飽きがくるんですね。梅干・塩・ごまは食べてもいいので、いかに飽きずに玄米を食べるかがポイントです。

玄米は、あずきといっしょに炊くと、栄養バランスがさらによくなるそうです。味も、ちょっとお赤飯ぽくなっておいしいです。

玄米は、まとめて炊いて、おにぎりにしておくと、いつでも食べられて便利です。

圧力鍋と保温鍋でもっちもちおいしい「寝かせ玄米」をつくる

玄米は、圧力鍋で炊くのが簡単でおいしいです。

先に鍋に水だけ沸騰させ、そこに洗った玄米を入れて圧力をかけると、玄米に熱が均等に伝わっておいしい。

水加減は、圧力鍋や玄米によって変わりますが、わたしは、3合を800ccの水で炊いています。

玄米ごはんを保温鍋で熟成させる

白米は、保温すると、だんだん味が落ちていきますが、玄米ごはんは、炊飯ジャーや保温鍋で保温すると、熟成してもちもち感のあるおいしい玄米に変化するんだそうです。

うちは、一度に3合しか炊けないので、いつも熟成させる間もなく食べてしまっていたので、寝かせ玄米を作ったことがありません。ぜひ作ってみようと思います。

高価な酵素液やサプリメントにたよらなくても七号食ならすぐできる!

ファスティングやダイエットに高価な酵素液やサプリメントを利用している人は少なくないでしょう。健康維持に投資するのは決してわるいことではありません。

でも、あまりに高価過ぎて手が出ない! という方もあきらめることはないです。

お金をかけずにできることから始めましょう。続けることが大事です。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク