アイリスオーヤマのエアリーマットレスにして、敷布団をやめたい理由。

ご覧いただき、ありがとうございました。

mat1515

わたしは布団で寝ています。

五十肩になってからというもの、布団の出し入れがたいへんになりました。今後ますますおっくうになってくると思ったので、収納場所を押入れの下の段に移し、敷布団を持ち上げずにひきずって収納できるようにしました。こうすると、こんどは湿気が気になるんですよね……。

今後のことを考えると、もっと寝具をコンパクトに軽くしたい、と思っていたら、アイリスオーヤマのエアリーマットレスのことを知りました。

 

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのエアリーマットレスなら敷布団不要!

アイリスオーヤマのエアリーマットレスは高反発の薄型マットレス。かなり固いもののようです。床の上に、エアリーマットレス1枚あれば寝られるので、敷布団はいらないらしい。

しかも、エアリーマットレスは、軽くて三つ折りでき、固くてしっかりしているので、立てて収納することができます。

敷布団がいらなくなる上に、軽々と立てて収納できるなんて、布団の出し入れが、ずいぶんラクになるし、コンパクト。言うことないじゃないですか。

エアリーマットレスなら底冷えしない?

せんべい布団の固さは平気。布団は、ふかふかやわらかいのより、固いほうがいいぐらいなんです。

でも、うちは敷布団1枚だと、冬の底冷えがこたえるんですね。

たたみの部屋なんですが、古いおうちなので、とにかく冷える。そこで、発泡スチロールにアルミが貼ってあるような断熱シートを敷くことにしています。これがないと、ほんとに布団が冷たくなってしまうんです。薄いものなんですが、これがまたふとんに合わせてキレイにたためない。収納するのがほんとにわずらわしいんです。

エアリーマットレスにすれば、邪魔な断熱シートもいらないですよね。5センチの空気の層ができるんだから、たぶん底冷えすることはないでしょう。

エアリーマットレスは、高いか手頃か。

寝具って、よさげなのはびっくりするほど高いんですよね。

高価でいいものは、きっと寝心地がいいんだろうと思うので、高くても売れるんでしょうね。

寝具は、毎日ずっと使うものですからね。少々高くても、じょうぶで快適なのがいいって思います。大きいですから、そう簡単に使い捨てもできませんしね。

エアリーマットも、決して安くないんですよ。

ただ、浅田真央ちゃんなど有名アスリート御用達のエアウィーヴとか、昔からある西川のムアツ布団なんかと比べると、はるかに安い。買ってみようかな、と思わせるウマイ値段設定なんですね。

これが有名人御用達のエアウェーブ。高いです。

エアリーマットには、エアウィーヴやムアツ布団と似たような機能も備わっています。魅力的ですよね。

最新のムアツマットレス。これは田中将大選手が使っているとか。

エアリーマットレスは、一流ブランドものを買うほどの予算はない、あるいはそこまで高級なものは必要ない、と思われる方々に広く支持されているみたい。

ほんと、いいとこついてます。

耐久性については、わたしは小さいし、ふつうの布団でもダメにしたことないので、よほど弱いものでない限り、だいじょうぶではないかと思ってます。

口コミによると、エアリーマットレスには、気になる人は気になるという「カサカサ」きしむような音がするそうなんですね。実際に寝てみないと何とも言えませんが、気にならない人がいるんだから、わたしもたぶん気にならないでしょう、と思ってます。

エアリーマットレス、オールシーズン用のカバー付きを選ぼう!

エアリーマットレスを選ぶとき、注意したいのは、夏冬兼用カバー付きのものにすることです。両面メッシュカバーからリニュアルしたみたいですね。

両面夏用のメッシュカバーだと、少々値段が安くなっています。ちょっと安いからと言って、うっかり両面夏用カバー付きを買ってしまったら、別に冬用カバーを用意しなければいけなくなります。寝具のカバー類というのは、たとえ専用でないものを別に買ったとしても、そこそこするんですよね。大きいですから。だったらはじめから付いているものを買ったほうがお得ではないかと思います。

こちらは「ニットとメッシュの両面使用でオールシーズン快適」といった説明がないんですね。説明がないのは、たいてい両面メッシュカバーです。その代わり、オールシーズン用カバーつきより少し安くなっています。

夏冬兼用カバーは、片面がニット地で、寒い季節向きになっています。カバーがメッシュだと、マットレスの通気性がいいだけに、冬は寒いという口コミもありましたので、買うならオールシーズン兼用カバー付きにしたい。

mat1511

また、エアリーマットレスじゃなくて、エアリー敷きパッドなど、まぎらわしい商品があるので注意しましょう。

わたしにとっては高価な買い物です。寝心地や満足度については、どんな高価なものについても、不満に思う人が一定数必ずいるんですよね。そういうのを見てると、投資すべきか悩みます。

わたし、悪い口コミから見るほうなんですよね。でも、賛否両論ある商品はマトモなんですよ。いい口コミだけのほうが不自然ですからね。

毎日の収納が便利になるだけでもありがたい気もしますし、しばらく考えようと思います。