まぶたのたるみによる老け顔に、あのなつかしのアイテムが見直されてる話。

ご覧いただき、ありがとうございました。

cat-1285634

加齢や生活習慣でまぶたはけっこうかんたんにたるんでくるものらしいです。

まぶたがたるんできて目元の印象が変わると、年齢以上に老けて見えたり、疲れたように見えたりするんですよね。

それだけじゃありません。目がふさがって視界が狭く見えにくくなることから、肩こりや腰痛、頭痛の原因になることもあるようです。

『ためしてガッテン』では、こうしたまぶたのたるみ改善に、あの「アイプチ」を紹介していてびっくりしました。

スポンサーリンク

アイプチって覚えてますか?

高校生の頃に、おしゃれ女子の間で流行ってた、二重まぶたにするアイテムですね。

わたしは当時、コンタクトレンズを使用していましたし、二重まぶたなので、使ったことがありませんでしたが、なかなかのものだと思ってましたよ。

一重まぶたが二重まぶたになるだけで、全然顔の印象が変わりましたからね。

ただ、ものすごいめんどくさそうだし、むずかしそうだなって見てました。

白い接着剤をまぶたに塗って、まぶたを押し込んでくっつけるんですよ?!

おとなになってから、周囲にアイプチする女性がいなかったので、すっかりその存在を忘れてました。

手術するぐらい重症ならアイプチを試す価値ありです。

まぶたのたるみは外見上の問題だけでなく、実際に体調に大きく影響してしまう場合があるんですね。

『ためしてガッテン』では、重症の方は、ぶたを上げる手術をして改善する人がたくさんいると紹介されてました。

視界が広くなって、明るく見えるようになるみたい。

まぶたって、バカにできないですね。

つらい肩こり・腰痛・頭痛は、もしかしたらまぶたが落ちてきてるせいかもしれません。

気になったら、一度アイプチでまぶたを持ち上げてみてはいかがでしょう?

接着剤タイプのほか、テープタイプもあります。

手術するよりははるかに気楽にお試しできますよ。

アレルギーの方は気をつけて!

まぶたを持ち上げている筋肉はものすごくデリケート。

アレルギーで目のかゆみがある方は、無意識に目をこすっている場合がありますよね。

アイメイクを落とすときもむやみにこすってませんか?

そのほかコンタクトレンズなんかでも、まぶたの筋肉はかんたんに傷ついてしまうようですよ。

だからまぶたは、年齢に関わらず、誰でもたるんでしまう可能性があるんです。

なんか最近垂れ目になってきたなんて人は要注意です。