ソーラーフードドライヤー、いっしょに作りませんか。

スポンサーリンク

ご覧いただき、ありがとうございました。

ソーラーフードドライヤーとは、天日干しする装置のことです。

ふつうに天日干しするより、早くじょうずに乾燥させることができるようですよ。

健康にいいドライフード、手づくりしてみませんか?

天日干しって案外むずかしい

冷えとりにいいと言われ、薄切りにしたショウガを天日干ししてみたのだけれど、なかなかパリッと乾燥してくれません。で、仕方なくオーブンで乾燥させようとすると、焦がしてしまって失敗。それ以来、乾燥ショウガは断念しました。

天日干しする場所にも問題がありました。日当たりがよく、風通しもよく、風で飛ばされたりしないところで、かつ虫が入って来ないなんて条件が揃った場所なんてうちにはありません……。

日に当てればいいだけのことなんですが、これがなかなかめんどうでやっかいで時間がかかることなんですね。

ドライフードが高いわけだ、と妙に納得しました。

ソーラーフードドライヤーがあれば、水分の少ないカット野菜なんかは1日、水分の多いプチトマトなどは2日ぐらいで乾燥するんだそうです。

食材をドライフードにするメリット

  • 甘みやうま味が凝縮されておいしくなる。
  • 保存できる。
  • 揚げたり焼いたりする調理が軽減できる。
  • 添加物の多い加工食品を使う機会が減らせる。

自分でドライフードを作るメリットはたくさんあるんですね。

ソーラーフードドライヤーのワークショップに参加したい!

ソーラーフードドライヤーは、構造自体はシンプルなんです。

太陽の熱を集め、その上昇気流で効率的に食材を乾燥させる仕組みの箱なんです。中は最高60度くらいになるそうです。

木工が得意な人は自分で作るみたいなんですね。

だけどわたしは材料を集めたりカットしたりするのがめんどうくさい。そこまでしてちゃんと作れる自信もない。それで作れずにいるんです。

だからドライフードドライヤーのワークショップに参加したいんです!

でも近所で都合よくそんなワークショップはありません。それで困ってます。

10人以上集まればワークショップをしてもらえるんですよね……。

ドライフードドライヤーに興味のある山口市近辺の方、いっしょに作りません?