低糖質ダイエットVS寝かせ玄米七号食ダイエット

ご覧いただき、ありがとうございました。

diet0408

二週間の低糖質ダイエットを実施中です。過去には、10日間寝かせ玄米七号食ダイエットをしたこともあります。

低糖質ダイエットと寝かせ玄米七号食ダイエットは、似ているところもありますが、まったく反対のことを言っている部分もあって、どっちが自分に合っているのか、実際に体験してみたくなりました。

からだの状態は、みんなまちまちなので、どっちが正しいとか間違っているとか、そういうことではないと思うんですね。今の自分のからだに合った方法を見つけることが大事です。

スポンサーリンク

低糖質ダイエットと寝かせ玄米七号食ダイエットの似ている点。

なるだけ食べないほうがいいという食品に関しては同じですね。

  • 精製された白い食品。白砂糖。精白小麦など。
  • 添加物やトランス脂肪が含まれている加工品。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品に関しては、積極的にとる派と、できればとらないほうがいいという派に分かれています。わたしは牛乳大好きでしたが、最近は豆乳に変えました。昔から食べているものではないので、とくに必死になって食べる必要はないのかなという感じ。チーズやバターは、おいしいので食べてますが、とり過ぎないようにしたいです。

腹八分目とか腹七分目とし、食べ過ぎはいけないとしているところや、野菜をしっかり食べましょうという点も似ています。

低糖質ダイエットと寝かせ玄米七号食ダイエットの違いは、食べ方。

二つのダイエットの違いは、食べ方にあります。

目先の目的の違い。

低糖質ダイエットは、二週間、できるだけ糖質をとらないように制限し、脂肪からエネルギーを作るケトン体を増やすことを目的とします。

寝かせ玄米七号食ダイエットでは、10日間、小豆入りの玄米だけを食べ、食べものの消費カスが残らないからだづくりをすることを目的としています。

このように、とりあえずの目的が異なるので、とりあえず優先して食べるものが違ってくるんですね。

低糖質ダイエットが優先して食べるのは、肉・魚など良質なたんぱく質。

低糖質ダイエットでは、ブドウ糖のもとになる炭水化物をできるだけ食べないようにする代わり、ケトン体などからだの細胞を作るのに大切なたんぱく質を重点的にしっかりとる作戦です。

からだづくりには野菜も欠かせません。野菜にある食物繊維が糖の吸収を抑えるはたらきをすることから、野菜をはじめに食べるという食べる順番も重要視されています。

寝かせ玄米七号食ダイエットは、無駄なく代謝できる割合で食べる。

寝かせ玄米七号食ダイエットでは、小豆入りの玄米を完全食と考えているところがとくちょうです。10日間は、小豆入りの玄米でゲドックスし、からだの中をきれいにすることから始めます。

七号食ダイエット終了後は、徐々に玄米:野菜:肉=6:3:1の食事に戻していきます。これをふだんの食事とし、たまに快楽食として食べるごちそうはあり、というスタンスです。

玄米:野菜:肉の割合は、人間の歯のかたちから導き出されたもので、からだに負担なく、きれいに代謝できる理想の割合とされています。

たんぱく質は、肉でとらなくてもじゅうぶんとれるという考えですね。肉の割合を多くすると、消化するのに負担がかかり、やがてからだの中に燃えカスとして残るというわけです。

からだの状態に合わせて選ぼう。

食事というのは、あまりストイックになるとおもしろくありません。食事は、からだに栄養を補給するという目的だけでなく、心を満たすという意味でも大事なことだからです。

でも、残念ながら、現代は、楽しいから何を食べてもいいというわけにはいかなくなってきています。

自分のからだと向き合って、快楽に流されず、元気で楽しい人生を送りたいですよね。

今、デトックスがいいのか、糖質制限がいいのか、生活の中で取り組みやすいのはどちらか、ちゃんと考えてみることが大事なのではないでしょうか。

わたしは、どうしても糖分を減らしたほうがいいところまできているような気がして、今は低糖質ダイエットをしていますが、寝かせ玄米ダイエットも便秘改善に効果がありましたし、体重も減りました。

低糖質ダイエットも寝かせ玄米七号食ダイエットも、正しく行えば、安全に食事改善ができるおすすめの方法です。健康のために食事改善したい方は、ぜひ実践してみてくださいね。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク