50代主婦の健康寿命をのばす本物ダイエットとは

ご覧いただき、ありがとうございました。

measuring_tape_fruits_hires

日本人女性の不健康期間は12年もあるそうです。(わたしの住む地域の平成22年データ)長いです。

健康寿命をのばし、不健康期間を短くするには、一にも二にもダイエット! なんですね。50代ともなると、代謝が落ちてきます。何もしないと自然に太る。これまでダイエットなんて無縁だったという人も他人事ではなくなってきます。若い頃、痩せてた人のほうがリスク高いんですよ。

スポンサーリンク

18~20歳頃から増えた体重は全部脂肪です!

今の体重が標準範囲だからって安心してはいけません。18~20歳当時の体重から増えてたらアウトです。増加分はすべて脂肪だからです。

ただ体重を減らせばいいというわけではありません。脂肪だけを減らすんです。大事な筋肉を減らしてしまうようなダイエットはダメです!

脂肪を減らすと、長寿ホルモンというアディポネクチンが増えることもわかっています。脂肪を減らすダイエットこそ健康寿命をのばし不健康期間を短くするのに不可欠なんです。

ところで、筋肉は20歳をピークに年々1%減っていくそうです。普通の生活をしているだけでは、筋肉は減る一方で脂肪は増える一方になるんです。

だから食べないダイエットはダメなんです。筋肉を作るために必要な栄養がないと、ますます減ってしまいますからね。また、ダイエットとセットで行うと効果的な運動が筋トレです。筋トレは筋肉が減るのを防いでくれますし、筋肉は脂肪燃焼を助けてくれるからです。筋肉は運動すればいくつからでも増やせることもわかっています。

食事の量を減らすだけでは健康的なダイエットはできません。質のいい食事をしっかりとって、筋肉が衰えないように運動することが大事なんですね。

質のいい食事とは?

質のいい食事とは、食材の質のことだけを言っているのではありません。バランスよく食べることが重要なんです。これがけっこうむずかしい。

日本にはさいわい食べるものが豊富にあります。すると、おいしいものは放っておくとどんどん食べ過ぎてしまうんですよね。おまけに何だかみんな忙しい。ゆっくり規則正しく食事がとれなかったりする。で、つい便利な加工食品や外食の機会が増える。

このようにそのまま普通の生活を送っていると、それだけで日本人は不健康への道をまっしぐらに進んでしまうことになるんですね。これに歯止めをかけられるのは自分だけです。自分で意識して食べないと、いい食事はできません。

食事に対するこだわりはそれぞれで、できることにも限界があります。わたしが厳選している食品を少し紹介しますね。

  • 寝かせ玄米
  • 全粒粉小麦粉
  • 黒砂糖
  • 菜種油
  • 豆乳

などです。白い小麦粉や砂糖、塩、その他加工食品はできるだけ食べないように心がけています。でもそんなに徹底できていません。残念なことにおいしいものがたくさんありますからね……。マーガリンや植物油脂使用の加工食品だけでも避けたいところなんですが。

あとは野菜をたくさん食べることと腹八分目にすること。腹八分目は、案外一番やっかいだったりします。

あれもこれも全部完璧にしようと思うとたいへんです。嫌になって投げ出しては何にもなりません。ちょこちょこできるところを改善していければと思うようにしています。

せめて無頓着に無意識に食べないで、食事の質を意識するようにするだけでもずいぶん違うと思っています。

わたしは2週間だけ炭水化物を食べないケトン食ダイエットを体験したことがあります。それがきっかけで、いかに質の悪い食事をしてきたかを思い知りました。それ以来、炭水化物に偏り過ぎた食事にならないように気をつけるようになったんですね。そのおかげでリバウンドせずにすんでいます。たぶん食事のバランスを気にするようになったので、自然とコントロールできるようになったんだと思います。

食事の質を上げるという意味の中には、いい食事をするということだけではなく、食べ過ぎたり不規則になったりしてバランスが崩れてもコントロールできるということも含まれているんですね。

健康につながる本物のダイエットに今すぐとりかかり、健康寿命をのばしましょ。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク