有害物質を解毒してくれる食品

ご覧いただき、ありがとうございました。

white-cabbage-432608

ありとあらゆる食品に有害物質が含まれているという現実を知ると、食べるものがなくなってしまうんですよね。

腹八分目に努めたり、食事の回数を減らすことはできても食べないわけにはいきません。

そこで「ラブレクラウト」を食べるといいんです。

スポンサーリンク

ビタミンCとポリフェノールがとれる

ビタミンCとポリフェノールは、体内で発がん性物質が生成されるのを抑制する作用があるんです。「ラブレクラウト」にはビタミンCとポリフェノールの両方が適度に含まれています。

食事のたびに付け合わせとしていっしょに食べるだけでいいので簡単です。

ビタミンC

腸内悪玉菌が増えるのを防ぐ

「ラブレクラウト」は腸内悪玉菌が未消化のタンパク質をエサにして増えるのを防いでくれるんです。というのも、「ラブレクラウト」はラブレ菌をタネにした発酵食品だからです。キャベツに定住している乳酸菌とともに、善玉菌のかたまりを腸に送り届けることになるんですね。

善玉菌は単独でとるよりも、キャベツなどの住みかといっしょにかたまりでとったほうが生きたまま大腸まで届く確率が断然高くなります。こうして悪玉菌が増え過ぎるのを防いでくれるんです。

ラブレ菌は京都のお漬物「すぐき」に生息している乳酸菌です。乳酸菌は、腸内で酢酸・乳酸・酪酸といった短鎖脂肪酸を生成し、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

また、腸管の新陳代謝を活発にすることから、栄養素の消化吸収や腸管免疫力を高め、がんや老化、免疫力の低下などを予防する作用があるといわれています。

そのほかにも、ラブレ菌はナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化する働きや、インターフェロンα(NK細胞やマクロファージ〔免疫システムを担う細胞〕などの免疫系を刺激する働きがある)の生成を促進し、がんの発生や転移を予防するといわれています。

『片頭痛の治し方』より

こうした植物性乳酸菌は、胃酸や胆汁などの影響を受けにくく、生きたまま大腸まで届きやすいそうですよ。

どうです? そこいらのサプリや薬にも負けないぐらい頼もしい食品ではありませんか! 簡単に作れますよ。それに意外と何にでも合うので付け合せとしても優秀です。うちは家族にも好評で、作るのが追いつかないぐらいです。

今年は野菜が豊作でキャベツも安いです。有害物質を気にしない楽しい食事のお供にぜひ「ラブレクラウト」をお試しください。