ココウェルエキストラバージンココナッツオイルは、高いだけの価値アリ。

ご覧いただき、ありがとうございました。

coconut53

40代後半から50代のおとな女子ともなると、高価な化粧品を使っている人も少なくないと思います。

美容健康のため、食材に、ちょっといいものを使ってみるのもいいですよ。

今回使ってみたココウェルエキストラバージンココナッツオイルは、オーガニック仕様の高級ココナッツオイルです。

ココナッツオイルは、生活習慣病からアンチエイジングまで、今もっとも注目されている美容健康素材の一つなんですよ。

スポンサーリンク

ココナッツオイルが脳のエネルギー源になる。

ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸が多く含まれています。中鎖脂肪酸は、からだの中でケトン体というものを作り出します。そのケトン体というのが、神経細胞のエネルギー源になるんですね。

ケトン体は、ブドウ糖(グルコース)に代わり、細胞のミトコンドリア内でエネルギーを作ることがわかっています。

中鎖脂肪酸は、飽和脂肪酸の一種なので、長い間、動脈硬化を引き起こす悪者のように考えられてきました。最近になって、植物の中鎖脂肪酸由来のケトン体が、体内で、非常に有益なはたらきをしていることが解明されてきたんですね。

現代人は、ケトン体ゼロの人が多い。

豊かな食生活が送れるようになって、わたしたちは、たえず糖分を口にできるようになりました。つまり、ブドウ糖によるエネルギー生産だけでじゅうぶん生きていけるんですね。それどころか、過剰な糖分による弊害のほうが大きくなってきています。

このように、ブドウ糖によるエネルギーが生産され続けている間、ケトン体は不要なので、いっさい働かなくなっています。それで、現代人の多くは、ケトン体ゼロの状態なんだそうです。

ケトン体を作ってもらうために、ただ中鎖脂肪酸をとればいいというわけではありません。

ブドウ糖によるエネルギー生産を抑えることによって、より効率的にケトン体を増やすことができます。つまり糖質制限をすれば、ケトン体回路のスイッチが入りやすくなり、どんどん中鎖脂肪酸を分解し、ケトン体を作ってくれるようになるんですね。

ココナッツオイルの使い方。

そのままスプーンで飲む。

ココナッツオイルは、独特の甘い香りがします。それが苦手でない人は、スプーンで飲んでもだいじょうぶ。味には何のクセもありません。25度以上の夏場は液体ですが、それ以外はワックスのように固まっているので、削って使います。

coconut23

バターの代わりにトーストに塗る。

バターのようにトーストに塗ってもいいですね。お好みで塩を少々加える人もいます。パンに塩気がある場合は、塩分は控えめにするのがおすすめ。

ホームベーカリーでパン作りするときのバター代わりにも。ココナッツオイルは熱にも強いので、マーガリンのようにトランス脂肪の心配がなく安心です。個人的には、バターより少なめの量でよさそうな感じでした。香りはほんのりする程度です。

炒め物など調理に。

調理にもバターや食用油と同じ感覚で使えます。調理時には香りがしますが、できた料理にはそれほど残りません。甘い香りなので、甘くなりそうなものですが、味にはまったく影響ないです。でも、オイルなので、しっとりしたコクは出ます。

ドレッシング代わりにそのままかける。

サラダや肉・魚料理に、そのままかけることも。

わたしは朝の野菜ジュースに入れてます。とにかく、においが気にならなければ何にでもOKです。

わたしは好きなので気になりませんが、母はこの甘い香りが苦手だと言います。香りが気になる人は、ココウェルのプレミアムココナッツオイルがおすすめ。

また、中鎖脂肪酸を直接とりたいという人は、日清MCTオイルというのがあります。

ただし、これは、生食向きで、炒め物には使えません。

いろんな商品が出ているので、使いやすいものを選ぶといいですね。

ケトン体は活性酸素を無害化する。

ココナッツオイルがアンチエイジングにもいいと言われているのは、ココナッツオイルに豊富に含まれている中鎖脂肪酸から作られるケトン体には、活性酸素を無害化する効果があることがわかってきたからです。

わたしたちのからだは、エネルギーを生産する過程で発生する活性酸素により、細胞が酸化し、老化すると言われています。エネルギー生産のほかに、紫外線や喫煙、その他有害物質などでも活性酸素が発生します。

こうした酸化から身を守ってくれるのがアンチエイジング酵素群といわれているものです。アンチエイジング酵素群もまた、加齢によってはたらきが弱くなっていきます。

ところが、ケトン体は、そのアンチエイジング酵素群を活性化させることができるということを突き止めたのです。

白澤卓二教授によると、脳の神経細胞の変性は、50歳ぐらいから始まっていると言います。そろそろ、ちょっと高価な美容クリームを、ちょっと高価なココナッツオイルに切り換えてもいいんじゃないでしょうか?