シミがとれると評判のハイドロキノンはやめて、ビタミンCで地道にケアすることにした理由

ご覧いただき、ありがとうございました。

toner-906142

鼻のシミが目立ってきました。

肌断食派のわたしでも少々気になってます。

シミとりではハイドロキノンというのが圧倒的な効果で支持されているようですが、よく効く薬と同じでハイリスクなんですよね。

シミは気になりますが片頭痛のように我慢できないわけじゃない。地道にビタミンCでケアしていくことにしました。

スポンサーリンク

ハイドロキノンとビタミンCのシミとり効果の違い

ハイドロキノンというのはすごい。

シミの漂白力はもちろん、シミの素であるメラニンを作らせないというからすごい。

シミが消えると評判のクリーム

意外と値段が安いのでびっくりする。ハイドロキノン配合。

メラニンは紫外線ダメージからからだを守ってくれているからだにとっては大切なもの。美容的にはすっかり悪者になってますが。

ハイドロキノンは天然成分らしいんですが、肌にはかなり強引に作用するようです。

一方のビタミンCは、皮膚表面に作られたメラニンを還元することによって減らします。それでお肌の色素沈着を抑えるはたらきが期待できるんですね。

だけど皮膚表面のメラニンに対するものだけ。ハイドロキノンみたいに強力じゃありません。メラニンを作らせないはたらきもない。

もぐらたたきのように出てきたメラニンをひたすら叩いて戻す感じなので頼りないと言えば頼りない。

でも安全性はもちろん、抗酸化というからだにいいはたらきをしてくれるところが最大のメリット。

ハイドロキノンのリスクはまだはっきりわかっていない。

ハイドロキノンはシミが消せることはわかっていますが、美白として長期間使用した場合の副作用についてはあまりよくわかっていない。

強引な作用をするので、刺激を感じる人や発がん性を指摘する説もあります。

どうしても気になるシミに集中的に使用することに留めるのが今は一番いいような気がします。

ビタミンC&シーバックソーンモイスチャライザー

お手軽でおおむね安心なビタミンCコスメ。パラベンは不使用ですが、添加物は使われてます。

こうしたクリームの無添加は難しいみたいですね。植物など天然成分を原料に使うとなおさら。添加物は製品として安定させるためにはやむを得ないところがあるようです。

植物オイルの保湿にプラスしてシミ対策ケアをしたいときはこれぐらいでしょうか。

ちなみにシーバックソーンというのは植物の名前です。

ちょっと高価だけど気になるクリーム

こちらは複数のフルーツの抗酸化物質を結集したフルーツ幹細胞科学のシミ対策コスメ。

パラベンと硫酸不使用。添加物は最小限使用。

12mlとむちゃくちゃ少量なのでご注意。