五十肩、自分で治す方法。

ご覧いただき、ありがとうございました。

50kata

どうやら五十肩らしい。着替えるときに、腕をクロスしながらバンザイするのがとてつもなく痛くてできない。

数日前よりひどくなってきた。

痛いときは、何もしないほうがいいのかと思ったら、痛いときは痛いときなりの運動があるらしい。

 

スポンサーリンク

五十肩は病院に行っても治らない。

お医者さんに「五十肩です。」と診断されても、せいぜい痛み止めを出してくれるだけで、五十肩をどうにかしてくれるわけではありません。五十肩でリハビリに通う人なんて、ほとんどいないのではないでしょうか。

病院には、五十肩に間違いなく、ほかに治療すべきところはない、ということを確認するために行くに過ぎません。

おそらく五十肩に違いないわたし、自力で何かできることはないのかしら? と思って調べてみたら、自分で治す的なことが書かれている本を見つけました。

肩の痛み・四十肩改善マニュアル、自分で治せる!マッケンジーエクササイズとは?

マッケンジーさんが開発した自分でできる治療プログラムです。

6つのエクササイズからなっていて、痛みが強いときから徐々に進めていけるようになっています。わかりやすくシステマチックにできていて、ちゃんとすれば、なかなかよさそうです。ただ、10回を1セットで、2時間おきに6~8セット行うといったマメさが必要。

今のわたしは、

エクセサイズ1、振り子運動

エクセサイズ2、立って肩を後ろに伸ばす

のたった2つだけのエクセサイズしかできない状況なんですが、2時間おきっていうのがどうも続かないです。何とかしたいんですけど。

五十肩はこう治す! 知るだけで治りがよくなる「体のスイッチ」

これは、日本人のはりの先生の本です。押さえると、即効で痛みや動きが改善するらしいツボなんかが紹介されています。合わせて筋トレをするようになっています。

これもちゃんとすれば治りそうです。

でも、この本の方法は、もう一人、手伝ってくれる人が必要です。協力者と二人で行う方法だけではなく、一人で行えるものもあります。ただ、押さえる部分を見つけるのも、筋トレも、ちょっとむずかし目でレベルが高いんです。正しくできているか、自信が持てません。

五十肩の諸悪の根源は、加齢より猫背。

どちらの本にも、まずふだんの姿勢を正すことが力説されていました。現代の人は、正しい姿勢を維持する筋力が衰えているんですね。

あと、寝るときの姿勢も大事みたい。

わたしは、腕を上げて寝るのが好きなんですが、これってオーバーストレッチになるそうなんですね。今は、痛くて伸びもできません。ぎゅーっと伸びをするのが習慣になっていたのに、まったく不完全燃焼です。

パソコンやスマホ、台所での立ち仕事など、どんなときも、ジワジワとからだに余計な負担がかかるらしい猫背姿勢は、ほんと最悪みたいです。

気がついたときだけでも、しゃんと背筋を伸ばすところから始めないといけないようです。まだ、痛みのない人も、ぜひ気をつけてね。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 美容ブログ 肌断食へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
kouso関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク